ファッション no.2

2017-02-27 00:59 | カテゴリ:ファッション
FullSizeRender_20170227004259723.jpg

冬のボーナスも使い切り、そろそろ夏ボーナスを何に使おうかなんて終わりのない煩悩ループ&捕らぬ狐の皮算用を炸裂させているであろう諸兄諸姉諸君、いかがお過ごしでしょうか。

まさに私奴もその真っ最中ではあるのですが、やはり物欲は冬の方が高まりますね。
というか、冬物の方が単価も高いので多分先立つものが多く、懐も火の車になりやすいのかと思いますがww

さて、今回ご紹介するのはそんな冬場に炸裂させた物欲の回収記録。
というのも、遡ることふた月チョイ前くらい、新年あけた1/4だったかな?に、毎度おなじみ三越の初売りでシャツをオーダーするというのが我が家の恒例行事となっております。。。

恒例行事。

うん、ホントは、この行事を始めたのは一昨年からなんですケドね(爆)
もっというと、恒例行事と言ったものの 昨年はスルーしたという未定着っぷり(猛爆)ですけどwww 
風呂敷拡げるのは得意です(爆)

まぁシャツオーダーとかエラそうに言ってますが、安生地なんですけどね。
ランバンとかトーマスメイソン、スキャバルとか、ン万円するオーダーシャツにも憧れますが、まだまだそこまでお金回せない庶民っぷりが悲しいww いずれは、、、!!

**************************

■人生2度目のオーダーシャツ、出来栄えは?

さて、シャツオーダーといっても『なんか敷居が高そうだなぁ』とか、『高そうだなぁ』とかお思いの方も少なくないと思います。私奴もそのクチでしたので、気持ちはよく分かるつもりです。
ただ、シャツオーダー、意外と敷居は低いかもしれません。
街中のオーセンティックなバーとかに近い感覚ですかね。ああいうのも慣れてしまえば抵抗無くなったりするもんで、何事も飛び込んで分かることもあるんですね。

で、敷居が低いかも、、、といった理由の一つが、価格面のお話。
なんと私奴が在住する地方都市の三越では、クリスマス前後から紳士服の生地セールをするもんで、記事によってはオーダーシャツが7500円チョイ/着で作れちゃうんですね。(ポリ混の生地だと6000円位~と更にお安い。)
※前述したランバン等のインポート生地はン万円しますけど(爆)

有名な鎌倉シャツや、最近注目株であるイタルスタイルのシャツが6000~7000円/着くらいですから、さほど変わらないくらいでジャストサイズなオーダーシャツが手に入る、と考えるとまぁ価格帯としてはお買い得なんではないかと思います。(イニシャル等の刺繍をしない場合は、-1000円位なんでそう考えると更にお買い得。)

で、そんな感じでオーダーしたシャツが2月の初めに出来上がり、今回 無事納品となった、ということですね。

FullSizeRender_20170227004259723.jpg
納品したばかりのシャツ。
昨年スルーしてしまった(爆)ので、今年は2着。
この開封の儀式が好きww毎年購入していく、、、という導入頻度も長い目で考えると 細かいディテールの推移含めて、アーカイヴとしても楽しいかもしれません

IMG_7840.jpg
双方ともに青系統ですが、サックスの無地(に見えるシャドーストライプ)と、遠目にはロンスト(に見えるヘリンボーンの効いたストライプ)です。
遠目の表情もカッコよくて、更に近くで見るとまた違う顔、、、というのが良いなぁと。

IMG_7819.jpg
肩口にはイニシャルの刺繍を花文字で。
これぞ、オーダーシャツのポイント。愛着湧きます。
ちなみに、刺繍は一世を風靡したあの小室哲哉と同じT.K.ですww

ただこの刺繍、ジャケットを脱いだら結構目立つので、悪目立ちしないか心配なんですよね。 
今度からは生地と同じ色にするか、場所を変えようかな、、、とも検討中。どこが良いんでしょうね。脇下とか?
ただ、肩口に刺繍の入ったシャツがクロゼットにズラっと並ぶ光景を想像すると胸熱www(爆)  うーん悩む。

IMG_7825.jpg
左袖のカフは時計が隠れるように右袖より大き目に寸法とってもらいました。
左右でカフの径はともかく、袖丈といったサイズを変えれるのも魅力。

IMG_7821.jpg
ちなみにカフスは角落ちで。
次はチョット変えてみたいなぁ、、、。

IMG_7822.jpg
カラーはワイドを選択
ワイド襟を選択したのならば襟が広い分ノットも幅広く、、、というのがセオリーですが、個人的にはワイド~ホリゾンタルくらい開いた襟にプレーンノットでキュっと、というスタイルが好き。

IMG_7820.jpg
バックスタイルはプリーツではなくダーツで。
この辺りは好みですかね。
結構スリム目にしてもらったので3割増しでシュッとして見えます。※当社比

細かいディテールは置いておくとしても、左右の腕(袖の長さ)を微妙に変えてもらったり、胸やウエストのフィット感は流石オーダーといった感じ。
体型管理としてもいいかもしれませんww

***********************

■進化させれるオーダースタイル

さて、金額面で納得がいった事は上記の通りなのですが、やはりオーダーシャツの一番の強みはディテールをアップデート出来る事ではないでしょうか。
というのも、前回オーダーしたシャツの不満点の改善というカタチで、イロイロと自分好みにブラッシュアップできるのが良いですよね。

ちなみに私奴は、前回のオーダー分から下記のポイントを修正して貰いました。

①二の腕のゆとりをシャープに。
IMG_7812.jpg
アームホールも1cm絞ってもらって、スッキリと。
着用画像ではいまいち分かり難かったのですが、二の腕からカフスに至るまでのシェイプっぷりも重ねて見ると一目瞭然。
二の腕からビシッとタイトにキマリます。

②アジャストボタンの撤去。
IMG_7823.jpg
これは単純に使わなかったからwww

③表前立てを裏前立てに変更
IMG_7841.jpg
これは違うテイストを見たかったのと、今回の生地に合わせてシャープにスッキリさせたかったので。
個人的に表前立だとアメリカンテイストで、裏立てだとヨーロピアンテイストなイメージです。

特に①のスッキリ具合は特筆モノで、着用するたびにオーダーシャツだなぁ、とテンションが上がります。

ただ、当然今回注文し忘れていた(爆)こともあったのですが、若干台襟が低いんですよね。
今測定すると、大体、フロントの台襟高さの実測が2cm。
シャツ単体ならあまり気になりませんが、ジャケットを着るとなるともうちょっと高さが欲しいかな、、、と。
過去に流行ったドゥエボットーニ的な高さは不要ですがww

IMG_7889.jpg
我が家で一番高い台襟はオリアンシャツで3.5cm。流石イタリアメイド。
まぁこれは高いとしても、2.5cm位は欲しいかなぁと。ネクタイ締めたときに台襟の下がチョット見える位が好きなんですよね。

という事で、来年は台襟の高さを修正したいなーーーなんて妄想をしておりますが、イロイロと考えているとアレコレとディテールの妄想もはかどるワケで、来年の忘備録も兼ねて今後作ってみたいディテールをメモしてみませうか。

***********************

■今後作ってみたいシャツについて(妄想炸裂編)

作ってみたいとはいっても、超個性的なディテールを詰め込むワケでもなくて、ある種の定番と呼ばれる様なディテールを文字通りのマイサイズに落とし込んでみたい、といった感じです。

①アメトラなフレップスタイルに
・ボタンダウンカラー
・前立仕立て
・センターボックスプリーツ

②ドレッシーかつフェミニンに
・ワイドのラウンドカラー
・裏立て仕立て
・ラウンドカフ
・背面はダーツでタイトに

③パリッとした雰囲気を演出に
・ピンホールカラー
・クレリックカラー(カラーは白で、ボディはサックス)
・背面はダーツでタイトに

 といった仕様も捨てがたい。
多分、今の職場で③はちょっと浮きそうですがwww

ただ、カジュアル用途にチェック柄もイイなぁなんて妄想を重ねていくと、年1着づつ増やして行くとしても、向こう5年はデザインに困る事はありませんねwww
むしろ、コレにハマったら抜け出せないのかもしれません(猛爆)

***********************

■あとがき

今回、だらだらと書きましたが、要約すると『セールだった生地でシャツをオーダーしたよ!』という事なんですが、実は同じタイミングでスーツ生地もセールになってたりするんですよね。
というのも、上記で昨年のシャツオーダーはスルーしたと言いましたが 実は私奴 昨年はシャツではなく スーツを作ってもらってたという、、、

ただ、コイツがなかなかの問題児でして、意を決してお願いしたにも関わらず、これが、チョット不満の残る内容に。。。

これもセール生地だったとはいえ、ある程度大枚叩いたにも関わらず、全体的に野暮ったい仕上がりとなってしまい、スーツオーダーにトラウマを抱えてしまいましたwww
この傷心を癒してくれる新垣結衣選手のような天使、若しくは、全国を放浪する流しの敏腕スーツ職人はいないでしょうか(爆)

イギリス寄りのディテールでお願いしたもんで、イメージはビシッとスリムにキメたかったのですが、出来上がりを見るとちょっとサイズ感が大きくてあまり今の気分ではありません。
パンツもノークッション丈にしたのですが、裾幅がイメージよりも太くミスマッチ。サンプル合わせのときはしっくり着たのになぁ。。。

住宅と同じく、3着(回)作らないと、理想のスーツ(家)は出来ない、、、とも言われていますが、初回である程度は決めたかったのは欲張りなのでしょうかwww まぁコレも勉強ですね。

流行に大きく左右されないのがクラシックスーツの魅力ともいいますし、着ないと身体に馴染まなかったりするのも分かるのですが、もうチョット歳をとって、貫禄が付いてきたら似合う様になるの事を期待して、とりあえずケアをしながら満を持しての登用に期待しましょう(爆)

*****************

物欲解消備忘録にてツイッター始めました!
宜しければ、フォローお願いします!



******************************
関連記事

 ・愛しのフェリージ(Felisi)の8637/2/DSを徹底レビュー!
  見れば見る程に分かるフェリージの作り込みっぷり!これを見るときっと欲しくなる!?

 ・一泊用ビジネスバッグを一斉比較!
  当たらずとも遠からず!?各社のバックを実際に触ってみた印象含めたレビューはコチラ!

 ・TUMI 26141 出張にピッタリだZ!
  もはやビジネスパーソンの定番装備アイテム!社内の荒波に耐えうる防御力はサスガ!ww

 ・TUMI 26141 コレが男ゴコロをくすぐる仕様だ!
  大定番、26141の仕様を大解剖!コレを読んだら欲しくなるかも!?

 ・TUMI 26141 使って解ったデメリット
  デメリットを含めて好きになる!褒めでばかりじゃフェアじゃない!?

*******************************
人気の記事

おお、愛しの君はトリッカーズ
履き込まれたトリッカーズの魅力を是非!!

革用クリームのオススメ品比較
みんな大好きな革製品のメンテナンスクリームを一斉比較!!

2017-02-12 23:49 | カテゴリ:ファッション

FullSizeRender_201702122333209cd.jpg

さて、今回は久しぶりのジーパンネタについて。

ジーパンネタと言えば約半年前に筆をとったRESOLUTE(リゾルト)が記憶に新しい所ですが、なかなかどうして嬉しいことに本ブログへ辿り着く方はリゾルトについて検索されている方が多い様です。

その中でも『リゾルトの色落ち』に関して検索されている方が多い様で、そういう意味ではこんな稚拙なブログでも 購入検討や色落ち具合の参考になっていれば嬉しいなぁとポジティブに考えております。

というワケであれば、褒められると伸びるタイプの私奴(←褒められているのかは分かりませんが(爆))。
調子にのって色落ちの経過報告する企画でも立ち上げてやろうかと思い、今回筆を執った次第であります。
幸い、前回リゾルトの色落ち具合をご紹介させて頂いた際に、新たに710を購入した旨も報告させて頂いておりますので、早速新企画の1発目として、前回に引き続きマイファーストリゾルトの713と、新戦力710の色落ち具合の進捗について筆を執ろうかと思います。

果たして、世のリゾルト購入を検討されている方の背中を後押しできるのでしょうか。


************************
関連記事

 ・RESOLUTE(リゾルト)のジーパンの魅力とは
  イチオシのジーパン、RESOLUTE(リゾルト)とは!

 ・RESOLUTE(リゾルト)のジーパンの魅力とは 其の2
  やはり噂は本当だった!?色落ちがキレイと噂のリゾルトの色落ち具合を大公開!

************************

■RESOLUTE(リゾルト)の魅力とは

さてさて、これも過去の関連記事の繰り返しとなりますが、リゾルトの魅力といえば、大きく分けて2つあるかと思います。

1つ目が、シルエットがキレイという事。

これは言わずもがなですが、ピッチピチのスキニーというワケではなく程よいタイトジャストサイズで、スッキリ見えるという事。
もっというと今でこそ市民権を得た様に感じますが、ノークッションの踝丈というのもポイントかと思います。

身長は169cmで(調子が良ければ170cmになる(爆))私奴ですが、W29のL29を1インチ位のロールアップで愛用しております。
冬用ならばL30もアリですが、その辺りはブーツでカバー!

IMG_7630.jpg
アングル的に見難いですが、チョット短めです←(丈も足も(爆))
本当ならL32くらいを踝丈で穿きたい(切実)
いやはや、自分の短足具合に泣けてきますwww
ただ、ソレを感じさせな、、、もとい!うまくカバーしてくれるシルエット!

それについてはリゾルトの魅力にて筆を執っているので割愛しますが豊富なサイズ展開の恩恵ですよね。


そして2つ目が、(体感的ですが)足の速い色落ちでしょうか。

このリゾルトの生地自体もデザイナーである林御大は相当なコダワリを以って完成させたようで、独特の毛羽立ちはモチロンの事、ジーパンの青色がいい色なんです。
リジットやワンウォッシュでこそ濃紺っぽい雰囲気ですが、基本的には青の発色がキレイだなぁと思います。
で、この青がキレイに色落ちしてくれるもんで、ヒゲや太ももアタリの色落ちが比較的出やすい印象です。
もっというと、赤耳(リゾルトはオレンジ耳ですが)のアタリもキレイにでてキャタピラの様な色落ちが楽しめます。

この色落ちと、林御大のコダワリこそが、リゾルトが人気ブランドたる所以だと思います。
色落ち具合の写真は後述するとしても、十分におススメできるジーパンだと思います。


*****************************

■リゾルト710の色落ち進捗

では早速、リゾルトの色落ちがどういった経緯で進行するのか私奴の710でご紹介をば。
先ずは購入後1年2ヶ月後の色落ち具合がコチラ。

IMG_7734.jpg

IMG_7742.jpg
サラリーマン故、着用できるのは週末という頻度。
だけど、それにしては結構いいペースで育っております。
では、早速詳細をご紹介!

IMG_7737.jpg
ヒゲともも周辺も若干濃淡がでてきました。
そして青い!とてもいい青さで、これ位のお色具合は結構好き。
RRLのジーパンの青色っぷりにも通ずる色味です。
若干のタテ落ちっぽいイキフンも少々。
濃淡がハッキリするにはもう少しかな。

IMG_7735.jpg
ヒゲ部分の拡大。
イイ感じです。水平に入ったヒゲはジャストサイズの証?

IMG_7738.jpg
膝の部分。
前回もレビューしましたが、膝の放射線状のアタリが好きなんですが、コイツはこれかかな。

IMG_7739.jpg
ひざ裏(所謂ハチノス)
跡としてはクッキリとクセが付いてきた位でしょうか。

この710はワンウォッシュを購入し、勇んでパシャパシャと写真まで撮ったものの整理が悪く見当たらない大ボーンヘッドっぷり(爆)は前回ご紹介したとおりですが、いい機会ですから色落ちの進行具合を整理してみました。
新品状態こそカタログ写真ですが、雰囲気はわかると思います。

FullSizeRender 3
平日は仕事をしている為、主に着用する機会は土日か平日の夜となりますので、如何せん成長速度は遅いのですが、それでも結構自分好みな色落ちに育ちそうです。

あ、ちなみにこの710に関しては、洗濯の際は表向きでボタンを締めて洗濯機へ。そのあとは自宅の乾燥機で回す、、、というコンセプトで育成中。
洗濯の頻度は特に決めていませんが、夏場であれば1~2W程度で1回、冬場であれば1~2M程度で1回、プラスして焼肉や飲み会で煙やタバコの匂いが着いたときは不定期に、、、と洗濯頻度は多い方ではないと思います。
基本的にある程度濃淡のついた色落ちが好きなので、自然と懐古主義な育て方になってしまいますね(爆)

この710に関しては、‍ヒゲもモモの部分も生地表面のケバが取れ、これから色落ちが加速するであろう段階になって来たと思います。期待のルーキー、ちょいとこれからが楽しみな選手でございます。


*****************************

■リゾルト713の色落ち進捗

さて、上記はRESOLUTE(リゾルト)の大定番710ですが、コイツは私奴にとって2本目のリゾルト。
マイファーストリゾルトである、713(710のローライズver.)の色落ちは更に見応えありますよ!(爆)

FullSizeRender.jpg
コチラが前回ご紹介した713の写真
2年半の穿きこみ(当時)の成果がコチラ。
手前味噌ですが、結構いい感じに色落ちしたと自画自賛(爆)

コイツも洗濯頻度は上記710と変わりませんが、パジャマ代わりに着用(爆)したり、椅子に着席した際にはヒゲとモモの部分をゴシゴシと擦ってみたり、最初の1年は裏向きで選択⇒コインランドリーで60分乾燥させたりと、結構ヘビーかつ、手塩にかけて育ててきたジーパンとなります。
そんな713の2017年2月時点での成長状態はコチラ

IMG_7732.jpg
全体的に色落ちが出たかな、、、という位。
ただ、決定的に違うトコロがひとつ。

お分かりいただけただろうか。。。

IMG_7733.jpg
やってしまった!
膝の部分が破れてしまいました、、、

コイツに関しては本当にショックだったんですが、自作でスケボーを作ってみたり、スケボーを始めてみたりと割とゴリゴリとで滑っていた時に、路面の凹凸にひっかかり、前方に投げ出されるような感覚で転倒。

しかしながら、私奴自身は昔取った杵柄とでもいいましょうか、中学時代に精を出した柔道部魂のおかげで、前回り受け身オブザイヤーを受賞する程の受け身を華麗にキメ、審査員からは10.00の高評価ポイントをとるほど優雅に対処したのですが、いざ被害状況の確認をすると 愛しのリゾルトの膝小僧には無残にも穴が開いていた、、、という悲しい出来事がありました。

まぁジーパン自体は元来ダメージも味として加味できる懐の深さを持っているアイテムですから!
これも味としてリペアでもしよう!と無理矢理納得させましたwww(爆)

そんなトラブルに見舞われた愛しの713の変貌履歴がコチラ。

FullSizeRender 2

FullSizeRender_201702122333209cd.jpg
冬場は着用頻度が下がってきましたが、これからの季節が本番。
サックスブルーになるまで穿きこんでいきたいと思います。


*****************************

■あとがき

おそらくリゾルトのジーパンといえば極端なまでのタイトフィット、と思われている方が多いと思います。
ギリギリ着れる一番小さいサイズを勧められて、椅子に座った日には足がうっ血しそうになったりお腹にゴリゴリ食い込んだりという風に。
それこそ、J.M.ウエストンのタイトフィット修行の様な見分がチラホラ。

これ、大筋は間違っていませんが、ある意味極端に脚色されているネタに近い部分はありますよww
まぁ実際は新品状態ではタイトなんですけどね。ウエストボタンもお腹を引っ込めてグイっと閉めないとイケない位に。

ただ、これは私もリゾルトに出会う前から実感していた事なんですが、ローライズ全盛期の頃に新品でウエストジャストを買った事があったんですね。当初は良いサイズが有ったなぁ、なんてホクホクしていたんですが、穿き込んでいくうちに 例に漏れずウエストが伸び、ベルトで留めないとセクシーコマンドーよろしくな『エリーゼの憂鬱』状態になってしまう事態に発展。
以来ジーパンを買う際はウエストサイズはキツめを買え!が座右の銘になっていた私奴にとっては全然違和感のないサイズ選択でした。

これは林御大も申しておりましたが、ジーパンは伸びるんです。
まぁ新品状態や洗濯(乾燥機)直後は、俗にいう『タイトなジーンズにねじ込む私という戦うBody状態』なんですが、まるっと半日くらい履いてるといい具合に伸びてきます。

IMG_7744.jpg
乾燥機直後の713。モモとウエストが別の意味で根性穿きですww
ケンシロウなら力入れるとバリバリに吹っ飛ぶ位です。
1時間くらいドライブなり、椅子に座っておくと案外ウエストの伸びは早いが、ももは半日はかかる。
あぐらで30分のアイロンがけをしてると、足がしびれてくる位(爆)

IMG_7743.jpg
ただ、ある程度伸びてくるとウエストも難なく閉まりますし、モモのゆとりもいい具合に。
洗濯直前の710。
膝が出てきた位が 好きな細すぎず、太すぎず、個人的に好き。

これは私奴の嗜好の問題ですが、私奴は前述の通り 色落ちはコントラストを求めるタイプですので、根性穿きとはいかないまでも生地が伸びてから履く期間が長いんです。
それ故、新品はタイトな今のサイズに落ち着いたワケですが、案外好きなサイズを穿けばいいと思うんですけどね(爆)

リゾルトを穿くから、タイトフィットじゃないとダメ!なんて事は絶対無いですし、たまたまデザイナーの林さんのスタイルとして そういう穿き方を推奨しているだけで、自由にサイズを選んでいいと思いますよ。

穿いたらサッと洗う方であれば、伸びた後のサイズをベースに考える事もありませんし、そもそも伸びるのを待つのが面倒(私も若干そのクチ(爆))であれば、最初からサイズアップしてもイイですし、もっというとルーズに履いてもイイと思います。ホントに。
それでも十分カッコいいシルエットだと思いますし、ジーパンの醍醐味である色落ちでいうと、でっかい斜めの下がりヒゲなんかはジャストサイズでは見られないですから!

色落ちを求めてリゾルトを穿く!という動機だって全然OKだと思います!
まぁ今回はリゾルトについて筆をとりましたが、極論を言えばリゾルトでなくともいいんです。カッコよければいいんですよ!
是非ぜひ、リゾルトでもリゾルトでなくとも、色落ちの進捗具合を情報交換してくれる方、大募集してます!(猛爆)


*********************

■あとがき②

過去はアメリカのアイテムにイギリスのアイテムを合わせるのはどうの、なんてエラそうに考えていましたが(猛省)、最近はカッコよければいいんじゃないかと思うようになってきました(爆)
そういう薀蓄は自己満足する為の付加価値であって、自分が満足できれば特にいいかな、、、と。
まぁイギリス×イギリスや、アメリカ×アメリカの様なコーディネートの相性がいいのは有りますけどねwww

ちょいと成長したような31歳の冬でしたwww ← 気付くのが遅い(猛爆)

*****************

RESOLTE(リゾルト)を楽天で探す↓↓↓

RESOLUTE(リゾルト)ジーンズ710 66モデル レングス29インチ【送料無料・代引手数料無料】



RESOLTE(リゾルト)をAmazonで探す↓↓↓
(リゾルト)RESOLUTE 710 W29-34inch L29-31inch (ウエスト【34】 レングス【31】)



*****************

物欲解消備忘録にてツイッター始めました!
宜しければ、フォローお願いします!



***********************
関連記事

 ・RESOLUTE(リゾルト)のジーパンの魅力とは
  イチオシのジーパン、RESOLUTE(リゾルト)とは!

 ・T1011のポケTにハマる
  チャンピオン社の大定番!未だにMade in U.S.A.を貫くヘビーウェイトTシャツといえば、、、

 ・ALDENのチャッカブーツを念願買い@2013冬
  ALDEN(オールデン)といえば、コードバンのチャッカブーツ!

 ・Ray-Ban(レイバン)のクラブマスターの武勲たるや、、、
  サングラス界のクラシック且つ、大定番。ウェイファーラーと並ぶ、レイバンの傑作品の魅力を是非!

 ・バブアー(Barbour)は着手をも試す傲慢っぷり
  ロイヤルワラントを3つも授かるイギリスが誇るハンティングジャケット。デメリット含めてズバリとレビュー!

2017-01-23 00:38 | カテゴリ:ファッション

IMG_7646.jpg

流行り物という事に大して無関心なフリをしてはおりますが、やはりある程度は気になるトコロ。
やはり いつまでも自分の青春時代のトレンドばかりを引きずる懐古主義なワケには行きませんから、かっこいい大人になる為には、まるっと流行に乗っかるのではなく、自身のスタイルにチラリとエッセンスを効かす位が カッコいいんじゃないかと思います。

さて、そんななか、先週の木曜日の帰宅後から何だか熱っぽいなぁなんて寝込んでおりましたらば、金曜日の朝には37.8℃という発熱っぷり。大事を取って病院へ向かったものの、結果はまさかのインフルエンザ。
悲しいかな、流行にどっぷりとまるっと乗っかる格好となってしまいましたwwww(猛爆)

自身の体調管理の甘さに嘆きながらも、金曜・土曜とマイボディはインフルと戦い、ようやく本日(日曜日)の朝には解熱しました。しかしながら解熱後48Hは感染リスクがあるからと、嫁子供とは隔離された生活を続けております。
しかしインフルとなって何が一番シンドいかというと、病状による身体的な苦痛はモチロンですが、予定していたスケジュールの都合が変わること。。。 
デキる大人は『時間を買う』と言いますが、大人であれば、流行のエッセンスを効かす=予防接種で対応するべきでした。そうすれば少なからず、発熱〜解熱+48hの時間が無駄にならず済んだのに、、、猛省。
まぁ、そう思える境地に至れた事が今回の収穫ということで(爆)
カッコいい大人への道のりは齢31を超えてもまだまだ遠いww


さてさて、冒頭の内容に戻りますが、昨今はやたらとビッグシルエットが強調されているように思います。
ディオールオムの台頭以降 タイトシルエットが永らく席巻しておりました反動でしょうか。

ただ最近よくみる肩が落ちるくらいのサイズ感というのに若干の懐かしさを感じる事があるんですよね。
といいますのも、私奴が高校生くらいの時に、所謂裏原ブームというモノがありまして、当時のストリートファッションのサイズ感と近しいような遠いような、こんな時代に牙を剥き出すような、アルファルト蹴り上げ動き出すような。です。(爆)
まぁズボン(ボトムスというのが照れくさい)とのサイズバランスは当時と全然違いますけどww

そんな事を考えてると、そういえば、過去に『高校時代にほしかったアイテムが欲しい』みたいな記事を書いたこともあったなぁとか、その際にチョコチョコと買い漁ったモノがあったので、備忘録的にも今回ちょこっとレビューしてみようと思います。


***********************
関連記事

 ・懐古的物欲が刺激されるwwww
  裏原ブームが再来!?当時の洋服が今 無性に欲しい!!! 

 ・リーボックのポンプフューリー
  90年台のハイテクスニーカーブームの立役者!名作ポンプフューリーの魅力を語る!

 ・懐かしのスマートウォッチ、データバンクDBC-610
  アップルウォッチの対抗馬!? 伝説の銘機が現代に蘇る!!

***********************

■今回ご紹介する懐古的物欲アイテムはコレだ!

さて、これも過去の記事で触れたことが有るかもしれませんが、高校自体の私奴が欲しくて欲しくて堪らなかったモノは大きく分けて2つあります。

一つはジャパニーズレプリカジーンズのレジェンドといっても過言ではない林御大の立ち上げたブランド、リゾルト(RESOLUTE)の記事でも触れた様にジーパンですね。

そしてもう一つはが今回の記事の主役である原宿の裏通りに点在したブティックが扱うブランド、通称『裏原ブランド』の洋服でございます。

中でも、同世代の諸兄諸姉諸君と同じく 例に漏れず傾倒したブランドといえば、当時 裏原にて知らぬはモグリと称されるにふさわしい代表格、御存知、A BATHING APE でしょうか。
かの、アメリカの雑誌。TIMEにて アジアの英雄20人に選ばれたNIGO氏が手掛ける(手掛けた)ブランドですね。

で、冒頭の写真が何を表すかというと、何を隠そうその、A BATHING APE のスウェットなんですね。
その全体像がコチラ

IMG_7645.jpg
今更新品での購入は不可能に近い為、ヤフオクにて無事GETした逸品。
このプリントは昨今のマイロ推しとも違う初期APEのカッコよさ。

ただ、コイツはタダのAPEではありません。
何を隠そう、ベリーエイプといわれる APEの明瞭期にラインナップされた歴史的アーカイヴ資料でした。

IMG_7651.jpg
袖口につく お馴染みの猿の顔が左右反転というベリーエイプ特有のデティール。
私が17歳当時に初めて原宿のBUSY WORK SHOPで購入したAPE(右)に
懐古的物欲と銘打って購入したベリーエイプ(左)

IMG_7647.jpg
当時雑誌で見るだけの 憧れたタグ。
当時はプレミアが付いていたり、偽物が出回ったりと大変な事態でした。

IMG_7648.jpg
Made in U.S.A.の肉厚キャンバー製のボディに、プリントを施し、Made in ENGLAND と記載されるややこしいコイツwww

いやー、当時の思い出がフラッシュバックしてきて ちょっとテンションあがりますね。
ただ、サイズが、(これでも)Lとスーパーカイデーなのがタマにキズですが、部屋着や ちょっとコンビニといった際には、、、、イヤ無理ですかね。

IMG_7653.jpg
アームホールもドルマンスリーブよろしくなカイデーっぷり。
昨今のシュッとしたパターニングとは一線を画すストリート仕様。

IMG_7654.jpg
脇下のリブという嬉しい仕様も盛り込まれています。

ジャストサイズなら、今でもガシガシと着用したい所です。だれか持っていません?ww
リサイズというテもあるよなぁ、とも考えますがそのまま取っておきたい様な。
ちなみに、スノボの際のインナーとして重宝する事が判明。やはりオーバーシルエットな格好にはズバリとハマります。
あとジツは、チャンピオンとのWネームのジェネラルスウェットも欲しいのですが、コイツはナカナカ出てきません。

IMG_7656.jpg
高校時代に古着で購入したコイツ。(拾い画像ですが)
ただ、コイツも新しい洋服欲しさに友人の手に渡った過去。
うーん、もう一度欲しい。


************************

■あとがき

貧乏性も手伝ってナカナカ モノが捨てれない私奴。
一部、従兄弟や友人に上げたモノもありますが、タンス覗けば当時の裏原ブランドの洋服が出てきます。

身頃幅も大きく、今となってはサイズ感の好みも変わり 袖を通す機会はほぼありませんが、私奴の洋服遍歴を語る上でのアーカイヴとして、やはり捨てられないというのがホンネです。

時折引っ張り出しては、鏡の前で試着。
その後、フムフムにやにやと、懐かしんでいる事は嫁には絶対言えないw

以前にも書きましたが愚息が大きくなった際に、『うお!この洋服カッコいい!頂戴!』と言われるのが夢である私奴。

流行は繰り返すといいますが、いまから十数年後に、当時の裏原ブランドが 過去のリバイバルとして再びフューチャーされる時はくるのでしょうか。
再販じゃないよ!当時のオリジナルだよ!とデカイ面して、息子に洋服をあげたいんですww

そういった妄想の影響もありますが、ただ、やっぱり当時の音楽を聴くと、青春時代がフラッシュバックするのに近い感覚で、当時手にした現物が手元にあるというも楽しいモンですよ。
過去にすがるワケではありませんが、見れば見るほど 懐古的物欲は収まりませんね。


APEについては、今でもブランド自体は継続しておりますが、NIGO氏の関与はもうなくて、なんか雰囲気が違うんですよね。
最近はアウトレットモールへの出店もあるようで、品薄商法でプレミア化させて消費者の購買意欲を煽った全盛期のAPEではとても考えられない事です。

やはり、明瞭期というか立上げ当初が一番手の込んだ良質なモノが多いのでしょうか。
需要量に応じた供給数とか生産コストとかの関係でしょうが、さびしい反面もありますね。

いやー、ジツに、おっさん臭い記事だことwwww(爆)

*****************

物欲解消備忘録にてツイッター始めました!
宜しければ、フォローお願いします!



*******************************
関連記事

 ・懐古的物欲が刺激されるwwww
  裏原ブームが再来!?当時の洋服が今 無性に欲しい!!! 

 ・リーボックのポンプフューリー
  90年台のハイテクスニーカーブームの立役者!名作ポンプフューリーの魅力を語る!

 ・RESOLUTE(リゾルト)のジーパンの魅力とは 其の2
  やはり噂は本当だった!?色落ちがキレイと噂のリゾルト(RESOLUTE)の色落ち具合を大公開!

 ・T1011のポケTにハマる
  チャンピオン社の大定番!未だにMade in U.S.A.を貫くヘビーウェイトTシャツといえば、、、

 ・懐かしのスマートウォッチ、データバンクDBC-610
  アップルウォッチの対抗馬!? 伝説の銘機が現代に蘇る!!

 ・お父さんと息子、親子コーデのススメ
  ポンプフューリーにエアマックス、パタゴニアからロッキーマウンテンまで!オシャレ親子必見!


2017-01-16 01:18 | カテゴリ:ファッション
IMG_7630.jpg

さて、先日息子へ購入したビーン風ブーツを購入したら、思いの外 出来が良くて自分様にもビーンブーツを衝動買してしまった旨を、ツイッター及び 本ブログに記載させていただきましたら 思いの外 皆様よりリアクションを頂きまして。
いやはや、本当に嬉しい限りでございます。

ということで 先日もコイツに関しては改めて筆を取りたいと思っておりましたので、今回満を持して筆を執らしていただこうかとおもいます。
とはいっても底まで履き込んだワケでもありませんが ココ数週間使ってみた感じをまずは今回ご報告させて頂きまして、ある程度履き込んだ後に再度レビューでもと考えております。
是非是非お楽しみに。

そして今回もLLビーンのビーンブーツが欲しいという方の背中を推したり、全然欲しくなかった人にも素晴らしさをお伝えできればと思います。まぁ私奴もそんなに履き込んだワケでは無いんですけど(猛爆)


********************
関連記事

 ・お父さんと息子、親子コーデのススメ
  ビーンブーツやスニーカー、パタゴニアからロッキーマウンテンまで!オシャレ親子必見!

********************

■LLビーンの傑作アイテムについて

さて、早速本題に移って行こうと思いますが、皆様はLLビーンといえば 何が頭に浮かびますでしょうか。
恐らく 私奴のイメージと皆様とのイメージには遠からずかとはおもいますが、LLビーンといえばパっと思い浮かぶ傑作が2つあるのではないでしょうか。

そう!1つめの傑作、ボート&トートですよね。

IMG_7632.jpg
コレは皆様異論は無いでしょう。
肉厚なキャンバス地で作られた大定番ボート&トートです。

もはやこれは説明不要ですよね。
元々は切り出した氷を運ぶために作られたとかナントカで、とびぬけた強度にも納得です。
コイツに至っては類似の商品群が蔓延している事からも、いかに完成されたデザイン且つ、定番として認知されているかが分かります。

もっというとオシャレなママさん達に支持され、マザーズバッグとしても良くつかわれていますよね。
トートバッグ故にポイポイ荷物を放り込めたり、フタにファスナーがあるタイプもありますので使い勝手も良かったりして。

もっというと最近ではイニシャルなんかを刺繍できたりしちゃったりするもんで、私奴も
『新しく息子用のマザーズバッグならぬファーザーズバッグとして、息子のイニシャルを刺繍したトートを新調しよう!』
と愚妻に提案したモノの、
『あなたがイニシャル刺繍の入ったソレを持つのは、女子力が高すぎる!』
と却下されました(爆)

うーん、そんなモノなのでしょうか。

ただ、恥ずかしながら、私奴は今までココンチのトートバックを使った事がありません。
海から山までアウトドアなシチュエーションにはもってこいと専らの評判ですが、同じような目的で購入したトートバッグが如何せん丈夫という事から、貧乏性を炸裂させている私奴(猛爆)。

一つくらい持っていてもソンは無いよなぁ、、、と思うのですが、如何せん今使ってるアウトドア用のトートバッグのヘタり待ちです。ココらへんについては、ココンチのトートを購入した際にでもご報告含めてww

ただ、一点注意するとすれば、キャンバス生地なので折りたたんで旅行の時もバッグに忍ばせておけば、不意に荷物が増えた際も安心、、、
とが思われがちですが、お店で現物を確認する限り、肉厚のキャンバス生地故、折りたたんでも結構かさばりそう。
第一、(新品だけなのかもしれませんが)結構硬かったwwww



*************************

■もう一つの傑作品、ビーンブーツ

さて、2つ思い浮かぶと申しました傑作品のひとつは上記の通りのボート&トートですが、残るもう一つはコチラ。
デデン!

IMG_7375.jpg
ダークブラウンのゴム底と、ブラウンのレザートップにトラ紐という組合せでおなじみ!
100年を超えても変わらないデザインはまさに近代洋服史における歴史的アーカイヴであり、クラシック 且つ、現役バリバリのメジャーリーガー!

そう、ご存知ビーンブーツです。

コチラも前述のトートと変わらず、各社から類似なディテールを踏襲した商品が多岐に渡りリリースされいたりする、アウトドア界におけるのエポックメイキングなアイテムです。
もっというと、ビーンブーツという愛称にて親しまれているコイツに至っては、LLビーンと関係の無いメーカーが類似商品をリリースする際でも『ビーンブーツ』という商品名が付くほど。
最早、カットバン、ウォシュレットとともに商品名がカテゴリーとして万人に認知された、稀有な存在です。

さて、そもそも何故、このLLビーンについて筆を執る事となったかと申しますと、なにを隠そう もうすぐ6歳となる息子とお揃いにしたい!という超個人的な理由で衝動買いをしてしまったから(爆)
息子とのお揃いコーデについては前回の記事を参照頂きたいのですが、その写真がコチラ。

IMG_7376_2017011600222697c.jpg
子供用のビーンブーツはLLビーンではなくGAPで発見。
セールでたしか2500円位で入手。安い。

というものの、ビーンブーツ自体は元々欲しかったんですが、私奴の物欲ランキングでは、ランクインはしているものの、10位を超える優先順位で、上昇する事もなく低下する事もなく 常時そんなくらいに位置していたアイテムでした。
まぁ必要に駆られるか、余裕がでたら買おうかな的な。

ただ、我が愚息が 上記のGAP製のビーン風ブーツを気に入って隙あらば着用している姿に株価急上昇。 
息子がビーンブーツを履いてウキウキしている姿を見たその日の内にLLビーンのショップで緊急お買い上げと相成りました(爆)いや、相変わらず、財布のひもが緩い(猛爆)
ちなみに、当日は店頭在庫が無きため、別途発送という焦らされっぷり。ココまで来て焦らしてくるとは。

とはいえ1週間後位には我が家へ到着。
サスガ100年選手のビーンブーツ。まじまじと見ると結構細かいディテールで、そういった物作りが好きな性分としては琴線を刺激されるポイントがチラホラとありました。
というわけで、以下はそんな細かいポイントをご紹介していきたいと思います


***************************

■ビーンブーツの観察結果(レザー部分)

さてビーンブーツといえば踝から上のトップ部は革仕立てで、底からトゥを包むボトム部分は継ぎ目のないゴムでの一体成型で有名ですね。
繰り返しますが、ボトム部はゴムの一体成型であるが故にフツーに考えても水は入ってこない事は理解していたのですが、

・トップの革の部分はまだしも、ゴムと革の繋ぎ部分からは水は浸水してくるのでは?
・まぁ多少は水に強い靴というレベルで、足首くらいの深さの水たまりではアウトなのでは?

というのが私奴の事前見解でした。

ただ、実物を見てああ、ナルホド!と。
これからは洗車する際でもコイツ履けちゃいそうですwww
と、言うのもコチラをご覧ください。

IMG_7639.jpg
トップにつかわれている革のどアップ。
肉厚なフルグレインレザーを使用しているとの事。

フルグレインレザーとは、所謂革になめす際に体毛を取り除いただけの状態の革をさします。
それ故、革の表面(銀面)に磨きを施した 通常の革と比べても、ビーンブーツに使われているこのフルグレインレザーは基本的に防水性能が高い素材となります。。
もっというと、人間の皮膚でも水を弾く様に、これは動物でもよく似た事がおこるであろう事は想像に難くないですよね。

IMG_7384.jpg
ただ、良くも悪くも、フルグレインレザーへの塗装がスゴイ厚塗りww
このベッタリと厚く塗られた顔料自体がある程度の防水性を発揮しそう(爆)
まぁ革も肉厚なだけあって ふつうの革靴よりは遥かに期待できそうですが。

まぁ 一般的なスムースレザーと比較して防水性が何処まで有利なのか、、、この辺りについては今後の使用してみた結果を以って再レビューさせていただきます。
と、まぁココまでがレザー部分に対する内容ですが、個人的にこのレザー部分でナルホド!と一人で関心したのがコチラ。

IMG_7369_20170116002726b32.jpg
ビーンブーツはタンと外羽根の羽根部分(?)は一体モノになっている!
これが意味する事とは、、、!

ご存知の方であれば何てこと無いディテールかと思いますが、私奴にとっては目からウロコ。
と、いいますのも、通常の外羽根タイプの革靴だと、タンと羽根部分は分離していて、靴紐を結んだ際は 重なって締め上げる様になっているじゃないですか。
恥ずかしながら、私奴はビーンブーツの写真をみて、例に漏れずコイツもタンと羽根の部分は別れていて 重なるように締め上げているだけなんじゃないかと思っていました。で、それじゃここのスキマから浸水してくるじゃん、、、なんて勘違いをしていました。赤面の至りww(猛爆)

IMG_7640.jpg
トリッカーズの羽根部分とタンの様子。
ビーンブーツもこうなってると思ってましたww(猛爆)

しかしながら、この外羽根部分とタンの部分が一体モノとなっているという事は、前述した外羽根とタンの部分の隙間は無無いということ。という事は 袋状の長靴を履いているって事になりますよね。
もっというと、袋状の長靴に、シューレースを締める様の外羽根が付いた格好ですね。

そうなると、前述の通り、革自体の防水性は経過観察をするとしても、仮にフルグレインレザーの防水性が問題ないと仮定した場合、ゴム長靴ヨロシクな防水性を有している事がわかります。

このあたり、形状という観点でみても、良く考えられています。なるほど。


************************

■ビーンブーツの観察結果(ゴムで作られた一体型ソール)

まぁこの辺りはゴムの一体型ですから、防水性に関しては全く心配はしていません。
ただ、みなさんも容易に想像がつくと思いますが、気密性が高いという事は通気性は悪いという事ですよね(爆)

ゴアテックスのような透湿素材を使っているワケではなく、アナログな古典的素材であるゴム成型という事で、この中のムレ具合たるや、まぁ悲惨な状態なのでは、、、という懸念。。。
この懸念が、私奴の脳内物欲ランキングにランクインしつつも、ランク順位が上昇しない要因の一つではあったのですが、実際に履いてみると杞憂も杞憂。 案外イケました(爆)

まぁ実際は、12月や1月といった季節が影響しているのでしょうが、このシーズン(冬)であればそんなにムレが気になる事もありませんし、結構厚手のソックスを履いてから着用している(この理由は後述)事からも、そんなにムレて気持ちが悪いというような事態には発展していません。

ただ、真夏の梅雨時期にビーンブーツで、、、というシチュエーションはまだ未経験ですが、おそらく、一般的なレインシューズとは大差ないのではないでしょうか。
案外、梅雨や台風シーズンであれば、スーツ着用時以外の通勤時は 思い切ってコイツでも良いかもしれません。
またこの辺りも来年の梅雨時期や、台風シーズンを終えた頃に感想をレビューしようと思います。
ただ、ゴア素材を使ったハイテクシューズと比較するのは野暮ですよwww

実際、梅雨時期に不意なゲリラ豪雨にうたれてムレムレな状態のお姉さんの素肌にブラウスが張り付いちゃって、素肌が透けて見えちゃってシェゲナベイベ―!!
という状況は、毎月500円を積み立ててでも遭遇したいシチュエーションではありますが、そういった事態には滅多に遭遇しないのがこの世の常。
案外 思った様にはいかないのが世の中です。ポイズン。

IMG_7422.jpg
ただ、ゴムの一体化成型という事で、ボトム部には結構ゴムのバリとか接着剤とかが新品状態でありながら付着してるwww
サスガMade in U.S.A.。 
実用面に影響が無い限りは、合理性重視のわかちこ主義は健在です。


**************************

■ビーンブーツの観察結果(ボトムとトップの縫い合わせ)

さて、トップの革部分、ボトムのゴム成型部分。
これらを見る限りでいうと、結構な防水効果が期待できる作りであるとおもいますが、私奴が一抹の不安を覚えるとしたらココ。

そう!ボトムとトップの縫い合わせ部分です!

IMG_7374.jpg
トリプルステッチで厳重に縫い合わされている。
ステッチ幅は5mm程度。
ただ、コレがミシンを使用しているとはいえハンドメイドと考えると、スゴイ手間がかかっている。

まぁこの辺りはどう考えるか、ですよね。
構造上、ハンターブーツの様にゴムの一体型成形でない限り、縫い合わせ部分は発生しますし、物理的にもスキマは出来ちゃうもんで。
そうなると、毛細管現象的な事態に発展すれば意図せぬ浸水なんかもあるやもしれませんし。

IMG_7638.jpg
内部のステッチ部分がコチラ。
ライナーのないオリジナルモデルはまぁ縫い合わされているだけですね。

IMG_7423.jpg
ただ前述の通り、多少接着剤のバリが付いている事を考えると、接着剤の層は有るハズで、コイツが効いていると防水性はあるかも。

この辺りは、ある程度使い込んで革が柔らかくなった時点にて水準15cmくらいの条件下での浸水実験なんかをやってみようかと思います。
果たして、ビーンブーツの防水性はいかに!?


********************

■ビーンブーツの観察結果(その他)

さて、防水機能は今後の経過観察にて機能面での確認を行ってまいりますが、実用性にもコダワリが。

IMG_7637.jpg
上記のボトムとトップ部を縫い合わせるトリプルステッチにしかり、着脱の際に指を引っかけるのに便利なフィンガーループに至っては、逆V形状の補強をダブルステッチにて縫い合わされている堅剛っぷり。
このステッチは3mmとボトムとの縫い合わせとピッチを買えるコダワリ。

そして更に、忘れてはならないのが 上記の補強パーツを取り付けたり、トリプルステッチやダブルステッチという縫い合わせ含めて このビーンブーツは全てハンドメイドであると言うこと。
そして、未だにMade in U.S.A.を貫いています。

IMG_7371.jpg
アメリカでのハンドメイド生産でありながら、コレほどの手間をかけて作られたビーンブーツ。
作り方については ある程度職人さんも要領を心得ておるのでしょうが、未だに歴史を踏襲するハンドメイドに大感激。

もっというと、肉厚なフルグレインレザーとゴムボトムという開発当時から100年以上 ほぼ変わらないデザインが今も尚受け継がれていて、それが¥21,000という価格設定で売られている。
これはある意味、事件と呼ぶにふさわしい良心的な価格設定ではないでしょうか。

そしてさらにダメ押し2ランよろしく ココンチのすごい所は、結構限定モデルがでるのですが、限定モデルとオリジナルモデルの価格が同じという事www
私奴もこのビーンブーツを買いに言った際にも、トップ部はシボ加工のはいった肉厚で柔らかなレザーに変更され、
更にはライナーにブラックウォッチのネル生地が貼られてた限定モデルのビーンブーツがありましたが、これの店頭価格も¥21000でした。
シボ有無によるレザーのコスト差分かりませんが、普通は加工済のシボレザーの方がお金かかってそうネル生地を貼る手間がありながらも価格据え置きという恐るべき戦略(爆)

ただ、店員さんとも話していましたが、お得感のある限定モデルが隣にあっても、やはりオリジナルモデルを購入される方が多い様です。
それはやっぱり基本的なディテールは変わらずに現在まで受け継がれてきたというバックボーンが、製品の魅力プラスアルファとなっているのではないでしょうか。

変に着飾るよりも素の自分の方がモテるという事を、彼(ビーンブーツ)は分かっているのかもしれません。
私服よりも制服の方が、魅力が3割増しである旨を自覚している女子高生か!
うーむ、なんてあざとい奴なんだ、LLビーン。。。

まぁ私奴はまんまとハマったわけですが(猛爆)


***************************

■あとがき

ちなみに、LLビーンのビーンブーツは ゴムで作られたボトムの部分はグリップ性能に定評があります。

IMG_7373.jpg
チェーン柄の細かいパターン。
ギザギザの溝でもグリップ力は得られそうですが、あえてこういったパターンにするあたりオシャレ!
さらにグリップ力だけでなく、ゴム形成という事もあって、地味にクッション性も◎

かく云う私奴も、昨年末の忘年会に出かける際に、このビーンブーツをおろしたのですが(外は雨でしたので、絶好のビーンブーツ日和でしたwww)、雨の日に2時間弱歩き回りましたが、結構クッション性の効いた履き心地にびっくり。
これはインソールが入っている事も影響しているのかと思いますが、ナカナカに良い感じでした。

まぁ、グリップ性が高いという事は柔らかいゴムが使用されているという事でしょうから、
クッション性が効いた履き心地というのも納得なのですが、逆に危惧するべきはその背反ですよね。

と言いますのも、柔らかいという事は おのずと摩耗には弱くという事。
となると、必然的にも、ソールの減りは早いという事につながります。
調べてみると、結構ネットにもソールの減りが早いだとかチラホラあるようですね。

もっというと、一体型のボトムなのに、ソールが減ったらどうするのか、、、なんて事も想定しておくべきなのですが、
実はLLビーンはやはり抜かりなく、ゴムボトム部の交換を¥8000程度でやってくれるとの事。
(更に、本国アメリカ送付による修理という事で、ココでも、Made in U.S.A.を貫くのかww)

更には使い込んで足に馴染んだレザートップ部分はそのまま流用するという、これまた嬉しい事です。
修理しながら長く愛用できる、且つメンテナンスにて愛着が増してくる逸品となると、やはりこのビーンブーツ、只者ではありません。

今年は暖冬という事で、私奴の住む地域では 未だ 初雪も見ておりませんが、
これからの季節は スノースポーツに出かける機会も有ろうかとおもいますので、ゴリゴリに活躍させてやろうと思います。
そう考えると、初夏は梅雨対策として、秋口は台風対策、真冬は雪対策と、結構1年中重宝しそうな予感です。

1年後にこの辺りの使い勝手と、浸水試験含めたレビューが出来る事を祈って、乞うご期待!!!


******************

Amazonでビーンブーツ を探す↓↓
(エルエルビーン) LL Bean Bean Boots ハンティングブーツ 6ホール(並行輸入品) [並行輸入品]

楽天でビーンブーツを探す↓↓

L.L.Bean(LLビーン)5ホール ビーンブーツ ハンティングブーツ【中古】【2811-02】【程度B】【カラーブラウン】【オンライン限定商品】



*****************

物欲解消備忘録にてツイッター始めました!
宜しければ、フォローお願いします!



*******************************
人気の記事

 ・お父さんと息子、親子コーデのススメ
  ビーンブーツやスニーカー、パタゴニアからロッキーマウンテンまで!オシャレ親子必見!

 ・バブアー(Barbour)は着手をも試す傲慢っぷり
  ロイヤルワラントを3つも授かるイギリスが誇るハンティングジャケット。デメリット含めてズバリとレビュー!

 ・バブアーの魅力かく語りき
  上記で語りきれなかったバブアーの魅力をひたすらに!バブアー購入の後押しに是非ww

 ・おお、愛しの君はTricker's
  ロイヤルワラントを授かる英国カントリーブーツの大定番!エイジングの様子を見てあげてください!

 ・革用クリームのオススメ品比較
  みんな大好きな革製品のメンテナンスクリームを一斉比較!!

 ・RESOLUTE(リゾルト)のジーパンの魅力とは 其の2
  やはり噂は本当だった!?色落ちがキレイと噂のリゾルトの色落ち具合を大公開!



2016-12-24 17:05 | カテゴリ:ファッション
さて、今年の4月以降、本ブログを再開しまして半年以上が経過しました。
こんな話の長いまとまりきらない変態記事でも、読んでくれている人がいるのはとても嬉しい限りです。有難うございます。
しかしながら、こんな辺境のブログに辿り着いている事を考えると、この記事を読んでいる方も、多かれ少なかれ変態なのだと思うのですが(爆)
すみません、失言でしたwwww

さて、そんな変態の私でも、実は来年の4月から小学校に上がる愚息がおりまして、そんな息子も多少なりとも変態の血を継いでおるのでしょうか、最近の専らの楽しみは録画したドラマ『逃げ恥』を私奴と一緒に視聴し、ガッキーは可愛いよなぁ、、、と2人で目をハートマークにして恋馳せる事。
ただ、以外にも息子は 主人公みくりさんの友人役の『やっさん』役の女性も気になる様子。
この年で保育所の女の子よりも、テレビの女優に恋するあたり、順調に変態が育成されております(猛爆)

緩和休題。

さて、大きく話が脱線してしまいましたが、今回はそんな息子に関する事について筆を執ろうとおもいます。

とはいっても本ブログに我が愚息が登場するワケではなく、今回ご紹介するのは、世のお父さんなら一度は妄想したことがあるであろう、親子でのお揃いコーデについて。

過去にも筆をとりましたが、私奴が(オシャレかどうかは別の話ですが)洋服が好きな事もあって、できれば子供も洋服を好きになってもらいたい!ということでお父さんと同じ洋服のKIDSサイズを購入しては着用させて遊んであります。
まぁ実際これは大義名分でして、本音は『自分と同じ趣味の洋服を着てくれたら、嬉しい』といった、自己満足なのですけど。
幸いにも我が家は男の子を授かりましたので、前述の通り楽しい思いをさせてもらっていますが、この子供用のアイテムが結構カワイイんですよね。(多分女の子では同じ様な事はしていると思いますがwww)

ただ、子供の成長は早いもんで、折角かったアイテムも1シーズンで着れなくなるという寂しさwww
しかし、この子供用のアイテムが結構カワイイんですよね。(2回目)
2回も連呼するということで如何に思い入れがあるのか ご理解頂けたかと思いますが、そんな事もあって、今では着れなくなった当時の洋服は捨てれずに絶賛保管されております。

というワケで、今回はそんなチビとのお揃いアーカイヴを、自身の備忘録も兼ねてご紹介したいと思います。
世のお父さん、もっというとお孫さんをお持ちのお爺さんや、旦那さんへのプレゼントを迷う奥様のご参考となればこれ幸い。


***********************************

お揃いアイテム①:星条旗セーター

ソイツがコチラ。

FullSizeRender_20161224160825bd1.jpg
これは本ブログのヘッダーともなっている画像ですね。
何を隠そう、私奴が敬愛するラルフローレンのセーター。
分かり易すぎるTHEアメリカ なプリントがカワイイ。

これについては、私がラルフローレンが好きなこともあったのですが、子供ができたら絶対に着せたいアイテムの心のベストテン第1位はこんな曲でした。
※先日最終回を迎えた逃げ恥でもザ☆ベストテン ネタがでてきましたが、私奴的にはソレ以前にガッキーが発した『心のベストテン第1位』の語呂で 『今夜はブギーバック』が脳内再生され、そこだけ内容が入ってきませんでしたww

緩和休題。


IMG_7439.jpg
あと、私奴が着ているサイズも実はキッズのLサイズ。
子供が大きくなって、このサイズが着れる様になったら、また自分用を買おうかな(爆)

ホント、コイツは子供服のテイストと、アメトラな雰囲気がバッチリ融合した秀逸なアイテムだと思います。
シャツをインして襟を覗かせてもイイですし、TシャツでラフにきてもOK。
個人的には同柄でもショールカラーよりも断然クルーネック派です。

そして素材がコットンというのもイイですよね。
子供が何かをこぼしても、ガンガン洗えますし、お色もネイビーならあまり汚れも気にならないし、ウールのチクチク感もないですから。

まぁ、しかし結論的には なんといってもカワイイの一言に尽きますね。
今では息子もサイズが合わず、着る機会もありませんが、絶対捨てないwwww
今後、孫が出来たら着せてもらおうww(爆)
そしておじいちゃんとのお揃いコーデをさせてもらおう(猛爆)

これは私奴が好きなだけかもしれませんが、ラルフローレン自体は私奴のツボを結構ついてくるキッズ洋服が充実しています。
3月の卒園式とか、スーツをお揃いに、、、なんて妄想もとまりませんwww 嫁の顔を想像すると戦々恐々ですがwww

せめてネクタイだけでもwww(猛爆)


************************

お揃いアイテム②:ポンプフューリ― & エアマックス

IMG_2650.jpg
コチラは記憶に新しい所でありますが、私奴がオーダーしたポンプに対して、トリコカラ―の子供用ポンプ。
子供用にはポンプシステムはなく、ポンプ部をおすとぴゅーぴゅーと音がなるシステム。

そしてもう一つのお揃いスニーカーがこちら。

IMG_7450.jpg
そしてエアマックスのエッセンシャルカラー。
このカラーに一目惚れして自分用に購入するも、1年後にアマゾンでキッズサイズを発見。
後に高橋名人をも超えたと言われる音速のポチリを体現させるキッカケとなった逸品。

親子でお揃いコーデを検討されている方にとって、スニーカーのというのは結構取り入れやすいアイテムかもしれません。
クリスマスプレゼントに、奥さん(旦那さん)と子供さんへなんて言うのもアリではないでしょうか。
奥さん(旦那さん)がスニーカー履かない人ならイイと思います。

ただ、キッズシューズ自体、履き心地は分かりませんので何ともレビューしにくいですが、私奴がエアー入りのスニーカーを初めて履いたのが中学生の頃。
数か月に渡って両親に懇願し 買ってもらった記憶がありますが、そう考えると、親父から勝手に至急される 我が息子はなんて贅沢なんだ!(爆)

私奴自身、エアマックスはお色味が気に入って 履きつぶしてしまいましたが、何故かキッズサイズは息子には不人気でして、エアマックスよりも、ポンプを好んで履いておりました。
幸いポンプフューリ―は最後まで履きつぶしてくれましたが、不人気であったエアマックスは いまでもキレイなモンですが、サイズアウトにより私の保管庫に移動です。

IMG_7451.jpg
ただ、お揃い自体はまんざらイヤでもないのか、草臥れた私奴のエアマックスを捨てるというと なんとも悲しい顔をするので、未だに捨てれず。
ならば、と代わりに1年前に新調したオールホワイト×ガムソールのエアマックスとの3ショット。
(ただ、ホワイトは穿くシーンが限られる為、まだまだキレイ)

幸いポンプフューリ―は最後まで履きつぶしてくれましたが、おそらく仮面ライダーがプリントされた靴があれば、ポンプフューリーであろうとも見向きもされなかった事は想像に難くありませんwww
まぁ未就学児の好みはそんなモンですよね(爆)


************************

お揃いアイテム③:PatagoniaのレトロX

これはお好きな方であれば、一度は通る道かと思います。

FullSizeRender 8
格好にくたびれておりますが、この風貌からどれだけヘビーユースしたかが分かるかと思います。

大人用のレトロX自体が値上がりしており、ヤイソレと手が出るモノで無くなってきておりますが、
マダマダ子供用はお求めやすい価格設定になっています。

FullSizeRender 6
コチラはBOYSとBABYの比較。ポケットの形状等含めてBOYSと同じ。
結構いい出来。改めてみてもBABYのレトロXはスーパーかわいい。

余談ですが、上記のBOYSサイズのLサイズはジツは自分様に購入したんですが、私奴の場合、身幅、肩幅は丁度良かったのですが、着丈が若干短く改めてメンズのレトロXを購入するという勉強代を支払った逸品です。
とはいえ、遊休させておくのも勿体無いということで、愚妻に取られました。
女性であれば、着丈も短さも影響ありませんし、BOYSサイズもアリではないでしょうか。

FullSizeRender 4
奇しくも家族3人のお揃いを私一人で手配してしまうというオチw

さて、肝心の機能面についてですが、外側のフリースは大差無いように思うのですが、内側が異なります。

FullSizeRender 5
メンズラインは厚手のメッシュ素材ですが、KIDSはナイロンの裏地のみ。
コレだけでも結構防寒性が異なる不思議。メンズラインの方が温かいです。

キッズ向け商品には無いといった機能面での削減が有る為かと思いますが
ルックスだけでいうと改めてみてもBABYのレトロXはスーパーかわいいです。(2回め)

このテのフリースジャケットやベストはイロイロなメーカーが類似した商品を出していますし、中にはpatagoniaのオマージュの様なロゴもあったりしますが、やはり配色と色合わせの妙は本家が頭一つ抜けている様な気がします。
欧米人は瞳の色が違う事もあって、我々日本人とは見えている色彩感覚とは異なるのかもしれませんww

あと、最近のKIDS用のpatagoniaは毛足の長いタイプが出ております。


コイツがとてもカワイイ。女の子にはコチラがおススメです。


************************

お揃いアイテム④:ロッキーマウンテンのダウンベスト

FullSizeRender 2
コチラもアメリカさんが誇るダウン御三家の一つ、ロッキーマウンテン フェザーベッドです。
ココンチはなんといってもヨーク部の革仕立てではないでしょうか。

ネイビーやダークブラウンに染められた濃い目のお色もステキですが、ベージュのナチュラルカラー
は捨てがたいモノがありますね。

IMG_7443.jpg
KIDS用といっても、ヨーク部の革には抜かりなし。
結構しなやかでいい感じ。


FullSizeRenderのコピー
ココにつく汚れやキズがイイんですよね。
ああ、これはあの時のキズだな、、、なんて成長記録的な。
まぁ知らない間についてるけど(爆)

ダウンもパンパンに詰まってて、ここいらはサスガのロッキーマウンテン。
KIDS用途とはいえ抜かりありません。

IMG_7440.jpg
大人用のロッキーマウンテンといえば、襟元にボアのついたクリスティーが有名ですが、
着用時期が限られそうな事もあってボアなしを選択。
単純にタマ数の少ないKIDS用にクリスティーがなかった事もあるんですが(爆)
これでお色も仕様もお揃いとなりました。

ダウンベスト自体、袖がないので防寒性としては中途半端なんじゃないの?なんて食わず嫌いをしていた時期もありましたが実際に着用してみると体幹が暖かいだけで結構違うモノですね。
また、アウターのインにもジャケットの上にも、袖がないだけあって着ぶくれしないのがウレシイポイント。

ここいらは別途また筆を取りたいと思います。


************************

お揃いアイテム⑤:LLビーンのビーンブーツ

コイツに至ってはツイッターでフライングして公開してしまいましたが、、、

IMG_7376のコピー
くるぶし以下はダークブラウンのゴム素材による一体化成型。
アッパー以上はブラウンレザーで、トラ紐の編み上げ。
この風貌はまさか、、、

もはやこのブログをお読みの方であれば、お分かりかと思いますが、100年をこえて変わらないデザインを貫く、アメリカのアイコン的なアウトドアブーツ。
そう、ビーンブーツタイプのブーツです(爆)

というのもLLビーン自体はKIDS用品の取扱いはありますが、ビーンブーツに至ってはKIDSサイズがありません。
それ故、コイツ自体はLLビーンではなく、ビーンブーツタイプ、という位置付けとなります。

ではコレはどこで見つけたのか、、、という事なのですが、我が愚息の洋服の調達の際に、
毎度お世話になっているGAPに出向いた際にコイツを発見!

やるなGAP。。。 子供よりも先に私奴の琴線を刺激されてしまいましたwww
※GAPのKIDSラインは、結構カワイイデザインが多いですし、大人の洋服をそのままリサイズした様な
デザインもイイんですよね(爆)

IMG_A2BCA8E3593C-1.jpeg
しかも、中はシンサレートライナーって事で防寒性もバッチリ。
本家のビーンブーツのオリジナルはアンライニング仕様ですから、GAPは進化しているwww

IMG_D73D8762D357-1.jpeg
生憎、ソールはチェーン柄ではなく、ギザギザの溝ですが、グリップは申し分なさそう。

IMG_7379.jpg
コスト面からアッパーは合皮ですが、トラ紐が思った以上にしっかりしていて、雰囲気は出ています。
ゴム長靴の代替用途としてもオシャレでカワイイです。

コレは私奴の個人的な思いで子供に履かしたい!と嫁に説明し購入したのですが、息子も息子で結構気に入った様子。
自ら『今日はビーンブーツ!』と気に入って着用しております。
決して湿地帯に入る用事や、湿地帯に入る機会が有るワケでもありませんが、自らブーツを履きたいと言う息子にちょっと感動しています。

IMG_7376.jpg
本家のオリジナルとパチり。
サスガに少々のデザイン差はありますが、お揃いといっても過言ではない。


********************

あとがき

ジツは今回のお揃いコーデネタを書くきっかけとなったのは、何を隠そう このGAPのビーンブーツでした。

というのも、子供用のビーンブーツを購入したのが11月末。 
その時点ではビーンブーツ自体は私奴の物欲リストの第13位くらいにランクインしていたものの、
上位カーストであるバブアーやアンデルセンアンデルセンを優先的に処理しておりました。

ただ、我が家の近代史として後に語り継がれるであろう、 『2016 GAPビーンブーツの変』により
私奴の物欲ランキングが急変動。
一挙に株を挙げたビーンブーツ師匠が1位に躍り出てまいりました。

IMG_7369.jpg
届いたばかりのビーンブーツ。
普段は私奴の洋服をベースに子供の洋服を買っていたのですが、まさか順番が逆になるパターンもあるとは、、、

このビーンブーツについては筆を執りたい内容も多々ございます故、また改めてご紹介させて頂きたいと思います。

**********************

 ・LLビーンのビーンブーツの伝統芸っぷり!
  100年以上の歴史を持つ歴史的大傑作、ビーンブーツを大解剖!

**********************

あとがき②

今回ご紹介したアイテムは具体的に同じメーカーのKIDSアイテムでしたが(ビーンブーツはちがいますがwww)
よく似た色合わせや雰囲気の洋服となるとお揃いコーデは多岐に渡ります。

個人的にこういった楽しみ方も、中学生ともなると自分で洋服を選んだり、好みが出てきたりするでしょうから、
親目線でいえば、今しかできない楽しみ方ではないかと思います。

私奴の理想は親子で洋服をシェアできるくらいに洋服に興味をもってくれればうれしいのですが。。。

*****************

KIDS用patagoniaのレトロX を楽天で探す↓↓↓

パタゴニア patagonia ベビー&キッズ(赤ちゃん服&子供服)クラシックレトロXベスト フリースBaby&Kids Classic Retro-X Vest 61035#フリース&インナー



KIDS用patagoniaのレトロX をAmazonで探す↓↓↓
Patagonia (パタゴニア) Baby Retro-X Jacket NLR 4T

*****************

物欲解消備忘録にてツイッター始めました!
宜しければ、フォローお願いします!



*****************
人気の記事

 ・念願のANDERSEN ANDERSEN(アンデルセンアンデルセン)2
  アンデルセンアンデルセンの細かなディテールについて徹底解剖!? 

 ・おお、愛しの君はDENTS
  ロイヤルワラントでお馴染み、200年を超える歴史を持つ超老舗!手袋界のロールスロイスとはデンツの事よ!

 ・おお、愛しの君はDENTS
  ロイヤルワラントでお馴染み、200年を超える歴史を持つ超老舗!手袋界のロールスロイスとはデンツの事よ!

 ・バブアー(Barbour)は着手をも試す傲慢っぷり
  ロイヤルワラントを3つも授かるイギリスが誇るハンティングジャケット。デメリット含めてズバリとレビュー!

 ・RESOLUTE(リゾルト)のジーパンの魅力とは
  イチオシのジーパン、RESOLUTE(リゾルト)とは!

 ・LLビーンのビーンブーツの伝統芸っぷり!
  100年以上の歴史を持つ歴史的大傑作、ビーンブーツを大解剖!