2017年02月

-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-02-27 00:59 | カテゴリ:ファッション
FullSizeRender_20170227004259723.jpg

冬のボーナスも使い切り、そろそろ夏ボーナスを何に使おうかなんて終わりのない煩悩ループ&捕らぬ狐の皮算用を炸裂させているであろう諸兄諸姉諸君、いかがお過ごしでしょうか。

まさに私奴もその真っ最中ではあるのですが、やはり物欲は冬の方が高まりますね。
というか、冬物の方が単価も高いので多分先立つものが多く、懐も火の車になりやすいのかと思いますがww

さて、今回ご紹介するのはそんな冬場に炸裂させた物欲の回収記録。
というのも、遡ることふた月チョイ前くらい、新年あけた1/4だったかな?に、毎度おなじみ三越の初売りでシャツをオーダーするというのが我が家の恒例行事となっております。。。

恒例行事。

うん、ホントは、この行事を始めたのは一昨年からなんですケドね(爆)
もっというと、恒例行事と言ったものの 昨年はスルーしたという未定着っぷり(猛爆)ですけどwww 
風呂敷拡げるのは得意です(爆)

まぁシャツオーダーとかエラそうに言ってますが、安生地なんですけどね。
ランバンとかトーマスメイソン、スキャバルとか、ン万円するオーダーシャツにも憧れますが、まだまだそこまでお金回せない庶民っぷりが悲しいww いずれは、、、!!

**************************

■人生2度目のオーダーシャツ、出来栄えは?

さて、シャツオーダーといっても『なんか敷居が高そうだなぁ』とか、『高そうだなぁ』とかお思いの方も少なくないと思います。私奴もそのクチでしたので、気持ちはよく分かるつもりです。
ただ、シャツオーダー、意外と敷居は低いかもしれません。
街中のオーセンティックなバーとかに近い感覚ですかね。ああいうのも慣れてしまえば抵抗無くなったりするもんで、何事も飛び込んで分かることもあるんですね。

で、敷居が低いかも、、、といった理由の一つが、価格面のお話。
なんと私奴が在住する地方都市の三越では、クリスマス前後から紳士服の生地セールをするもんで、記事によってはオーダーシャツが7500円チョイ/着で作れちゃうんですね。(ポリ混の生地だと6000円位~と更にお安い。)
※前述したランバン等のインポート生地はン万円しますけど(爆)

有名な鎌倉シャツや、最近注目株であるイタルスタイルのシャツが6000~7000円/着くらいですから、さほど変わらないくらいでジャストサイズなオーダーシャツが手に入る、と考えるとまぁ価格帯としてはお買い得なんではないかと思います。(イニシャル等の刺繍をしない場合は、-1000円位なんでそう考えると更にお買い得。)

で、そんな感じでオーダーしたシャツが2月の初めに出来上がり、今回 無事納品となった、ということですね。

FullSizeRender_20170227004259723.jpg
納品したばかりのシャツ。
昨年スルーしてしまった(爆)ので、今年は2着。
この開封の儀式が好きww毎年購入していく、、、という導入頻度も長い目で考えると 細かいディテールの推移含めて、アーカイヴとしても楽しいかもしれません

IMG_7840.jpg
双方ともに青系統ですが、サックスの無地(に見えるシャドーストライプ)と、遠目にはロンスト(に見えるヘリンボーンの効いたストライプ)です。
遠目の表情もカッコよくて、更に近くで見るとまた違う顔、、、というのが良いなぁと。

IMG_7819.jpg
肩口にはイニシャルの刺繍を花文字で。
これぞ、オーダーシャツのポイント。愛着湧きます。
ちなみに、刺繍は一世を風靡したあの小室哲哉と同じT.K.ですww

ただこの刺繍、ジャケットを脱いだら結構目立つので、悪目立ちしないか心配なんですよね。 
今度からは生地と同じ色にするか、場所を変えようかな、、、とも検討中。どこが良いんでしょうね。脇下とか?
ただ、肩口に刺繍の入ったシャツがクロゼットにズラっと並ぶ光景を想像すると胸熱www(爆)  うーん悩む。

IMG_7825.jpg
左袖のカフは時計が隠れるように右袖より大き目に寸法とってもらいました。
左右でカフの径はともかく、袖丈といったサイズを変えれるのも魅力。

IMG_7821.jpg
ちなみにカフスは角落ちで。
次はチョット変えてみたいなぁ、、、。

IMG_7822.jpg
カラーはワイドを選択
ワイド襟を選択したのならば襟が広い分ノットも幅広く、、、というのがセオリーですが、個人的にはワイド~ホリゾンタルくらい開いた襟にプレーンノットでキュっと、というスタイルが好き。

IMG_7820.jpg
バックスタイルはプリーツではなくダーツで。
この辺りは好みですかね。
結構スリム目にしてもらったので3割増しでシュッとして見えます。※当社比

細かいディテールは置いておくとしても、左右の腕(袖の長さ)を微妙に変えてもらったり、胸やウエストのフィット感は流石オーダーといった感じ。
体型管理としてもいいかもしれませんww

***********************

■進化させれるオーダースタイル

さて、金額面で納得がいった事は上記の通りなのですが、やはりオーダーシャツの一番の強みはディテールをアップデート出来る事ではないでしょうか。
というのも、前回オーダーしたシャツの不満点の改善というカタチで、イロイロと自分好みにブラッシュアップできるのが良いですよね。

ちなみに私奴は、前回のオーダー分から下記のポイントを修正して貰いました。

①二の腕のゆとりをシャープに。
IMG_7812.jpg
アームホールも1cm絞ってもらって、スッキリと。
着用画像ではいまいち分かり難かったのですが、二の腕からカフスに至るまでのシェイプっぷりも重ねて見ると一目瞭然。
二の腕からビシッとタイトにキマリます。

②アジャストボタンの撤去。
IMG_7823.jpg
これは単純に使わなかったからwww

③表前立てを裏前立てに変更
IMG_7841.jpg
これは違うテイストを見たかったのと、今回の生地に合わせてシャープにスッキリさせたかったので。
個人的に表前立だとアメリカンテイストで、裏立てだとヨーロピアンテイストなイメージです。

特に①のスッキリ具合は特筆モノで、着用するたびにオーダーシャツだなぁ、とテンションが上がります。

ただ、当然今回注文し忘れていた(爆)こともあったのですが、若干台襟が低いんですよね。
今測定すると、大体、フロントの台襟高さの実測が2cm。
シャツ単体ならあまり気になりませんが、ジャケットを着るとなるともうちょっと高さが欲しいかな、、、と。
過去に流行ったドゥエボットーニ的な高さは不要ですがww

IMG_7889.jpg
我が家で一番高い台襟はオリアンシャツで3.5cm。流石イタリアメイド。
まぁこれは高いとしても、2.5cm位は欲しいかなぁと。ネクタイ締めたときに台襟の下がチョット見える位が好きなんですよね。

という事で、来年は台襟の高さを修正したいなーーーなんて妄想をしておりますが、イロイロと考えているとアレコレとディテールの妄想もはかどるワケで、来年の忘備録も兼ねて今後作ってみたいディテールをメモしてみませうか。

***********************

■今後作ってみたいシャツについて(妄想炸裂編)

作ってみたいとはいっても、超個性的なディテールを詰め込むワケでもなくて、ある種の定番と呼ばれる様なディテールを文字通りのマイサイズに落とし込んでみたい、といった感じです。

①アメトラなフレップスタイルに
・ボタンダウンカラー
・前立仕立て
・センターボックスプリーツ

②ドレッシーかつフェミニンに
・ワイドのラウンドカラー
・裏立て仕立て
・ラウンドカフ
・背面はダーツでタイトに

③パリッとした雰囲気を演出に
・ピンホールカラー
・クレリックカラー(カラーは白で、ボディはサックス)
・背面はダーツでタイトに

 といった仕様も捨てがたい。
多分、今の職場で③はちょっと浮きそうですがwww

ただ、カジュアル用途にチェック柄もイイなぁなんて妄想を重ねていくと、年1着づつ増やして行くとしても、向こう5年はデザインに困る事はありませんねwww
むしろ、コレにハマったら抜け出せないのかもしれません(猛爆)

***********************

■あとがき

今回、だらだらと書きましたが、要約すると『セールだった生地でシャツをオーダーしたよ!』という事なんですが、実は同じタイミングでスーツ生地もセールになってたりするんですよね。
というのも、上記で昨年のシャツオーダーはスルーしたと言いましたが 実は私奴 昨年はシャツではなく スーツを作ってもらってたという、、、

ただ、コイツがなかなかの問題児でして、意を決してお願いしたにも関わらず、これが、チョット不満の残る内容に。。。

これもセール生地だったとはいえ、ある程度大枚叩いたにも関わらず、全体的に野暮ったい仕上がりとなってしまい、スーツオーダーにトラウマを抱えてしまいましたwww
この傷心を癒してくれる新垣結衣選手のような天使、若しくは、全国を放浪する流しの敏腕スーツ職人はいないでしょうか(爆)

イギリス寄りのディテールでお願いしたもんで、イメージはビシッとスリムにキメたかったのですが、出来上がりを見るとちょっとサイズ感が大きくてあまり今の気分ではありません。
パンツもノークッション丈にしたのですが、裾幅がイメージよりも太くミスマッチ。サンプル合わせのときはしっくり着たのになぁ。。。

住宅と同じく、3着(回)作らないと、理想のスーツ(家)は出来ない、、、とも言われていますが、初回である程度は決めたかったのは欲張りなのでしょうかwww まぁコレも勉強ですね。

流行に大きく左右されないのがクラシックスーツの魅力ともいいますし、着ないと身体に馴染まなかったりするのも分かるのですが、もうチョット歳をとって、貫禄が付いてきたら似合う様になるの事を期待して、とりあえずケアをしながら満を持しての登用に期待しましょう(爆)

*****************

物欲解消備忘録にてツイッター始めました!
宜しければ、フォローお願いします!



******************************
関連記事

 ・愛しのフェリージ(Felisi)の8637/2/DSを徹底レビュー!
  見れば見る程に分かるフェリージの作り込みっぷり!これを見るときっと欲しくなる!?

 ・一泊用ビジネスバッグを一斉比較!
  当たらずとも遠からず!?各社のバックを実際に触ってみた印象含めたレビューはコチラ!

 ・TUMI 26141 出張にピッタリだZ!
  もはやビジネスパーソンの定番装備アイテム!社内の荒波に耐えうる防御力はサスガ!ww

 ・TUMI 26141 コレが男ゴコロをくすぐる仕様だ!
  大定番、26141の仕様を大解剖!コレを読んだら欲しくなるかも!?

 ・TUMI 26141 使って解ったデメリット
  デメリットを含めて好きになる!褒めでばかりじゃフェアじゃない!?

*******************************
人気の記事

おお、愛しの君はトリッカーズ
履き込まれたトリッカーズの魅力を是非!!

革用クリームのオススメ品比較
みんな大好きな革製品のメンテナンスクリームを一斉比較!!

スポンサーサイト

2017-02-20 00:59 | カテゴリ:鞄(カバン)
『良いモノを永く使う』

これはある意味、私奴の 買い物のテーマ みたいなモノです。

手前味噌ではありますが、何かを買う場面においては、ソレを念頭においたセレクトをしているつもりでおります。
とはいえ、後々振り返ってみると あんなにお熱だったにも関わらず飽きてしまったり、安いからと衝動買いしたものの、あまり登場機会が無かったりするものもチラホラ。
もっといいますと、大枚叩いたにも関わらず前述したそれ、、、というモノも幾分ありまして、マダマダ勉強不足だなぁと思う次第でございます。

まぁ、必ずしも【良いモノ】が【永く使える】というワケでもありませんし、【高価なモノ】が【良いモノ】に繋がらないケースもありますから、何を以って有効な買い物とするか、、、その辺りのバランス感覚含めて日々勉強ですね。


緩和休題


さて、そんな中『良いモノを永く使う』 というテーマにおいて真っ先にアタマに浮かぶモノは?と問われた際に世の諸兄諸姉諸君の頭の中にもそれぞれ何か思い浮かんだモノがあろうかと思います。
私奴も脳裏に浮かんだのモノがあるのですが、やはりその筆頭は革製品が挙げられるのではないでしょうか。

本ブログでもいくらか革小物や革靴については取り上げさせて頂きましたが、そんな革製品においても一つご紹介し忘れていたモノがありますので今回はソイツをシェゲナベイベ―したいと思います。

**********************
関連記事

 ・一泊用ビジネスバッグを一斉比較!
  当たらずとも遠からず!?各社のバックを実際に触ってみた印象含めたレビューはコチラ!

 ・TUMI 26141 出張にピッタリだZ!
  もはやビジネスパーソンの定番装備アイテム!社内の荒波に耐えうる防御力はサスガ!ww

 ・フェリージのブリーフケース(8637)は不変のカッコよさ
  色気と華やかさとカッコよさを兼ね備えたブリーフケース!他とは違う配色もGOOD!

**********************

■憧れのオールレザーの大容量バック

革小物についてはBREEの革小物を筆頭にレビューしましたし、革靴についてはトリッカーズオールデンJ.M.ウエストンとレビューさせて頂きましたが、革カバンというカテゴリーは皆無。
カバンといえば、TUMIやフェリージをレビューした事はありますが コイツはナイロン生地です故、レザーバッグという点から見ると そういえばレビューしてなかったなぁ、、、と今更筆をとった次第でございます。

とはいえ、カバンといっても、仕事中はTUMIフェリージですし、オフではカバンを持つ習慣がないもんで、レビューするほどのアイテムが無い、、、というのが本音ですが(爆)、そういえば一点だけ良い買い物をしたなぁ、と思えるカバンがあった事を思い出しました。

ソイツがコチラ。

IMG_7780.jpg
鮮やかな発色のイイ、グリーンのトートバッグ。
肉厚な革とツヤがイイ感じ。

ピンと来るかたも少なくないと思います。
ご存知コーチのブリーカーレザーウィークエンドトートです。
しかし長い名前だwww

IMG_7781.jpg
メタル製のタグと革製のタグがキラリ。
これ見よがしではなく、小さめのタグがウレシイ。

ウィークエンドトートというだけあって、週末の軽い旅行を想定してでしょうか、容量は所謂ボストンバッグに匹敵するくらい大きいです。
コイツの容量と使い勝手についてはお墨付きで、何を隠そう、私奴が一昨年に慣行した四国霊場88カ所巡礼企画の相棒して 一緒に四国をお遍路ーるしたカバンがコイツです。
お遍路の旅は置いておくとして、そんな小旅行に持って来いなウィークエンドトート。早速、主な仕様をみていきませう。

IMG_7785.jpg
ガバっと開けてみて分かるとおりデカい開口。
なんでもポンポン収納可能なのはトートバッグの魅力。

IMG_7786.jpg
インナーポケットはオープンポケットが2つと、対面にファスナー付きのポケットと整理整頓にも対応。
たかが3つと思うなかれ、コレがあるだけで全然違う。

IMG_7791.jpg
外にはスマホ用のポケットも。
これがホントに便利で、スマホのみならずカバンの中で迷子になりがちなキーケースを入れたりしても◎。
手元にあったハクキンカイロもスッポリ。
最近寒いですからwww

IMG_7803.jpg
TOPにはファスナーもついているので。トートバッグといえども防犯や、プライバシー的な対策も。

IMG_7805.jpg
タフな肉厚な底革ですが5点の鋲も打たれています。
これならある程度は場所を気にせず置けちゃう、ニクイ仕様。

前述したお遍路の旅以外にも、普段は着替えとタオルとシューズをいれてジムバッグとしても活躍しておりますし、着替えが必要なマラソンレースにも重宝。
折角買ったんだから使わないとねww
鮮やかに発色の良いお色ですから、スポーティな格好にも以外とハマります。

IMG_7802.jpg
でも雨に打たれてシミがwww
クリーム入れたら目立たなくなるかな。


**********************

■肉厚な革と繊細なステッチ

さて上記では製品の概要を紹介しましたが、ここからは更に細かいところまで注目してみようと思います。

先ずはこのバッグの主役とも言える革ですよね。
もともと、コーチは野球のグローブの革(グラブタンレザー)を用いて、、、というコンセプトで立ち上げったブランド?ですゆえ革についてはしなやかで、且つ肉厚で艷やかは革は結構イイ感じです。

IMG_7799.jpg
派手過ぎず、地味過ぎない秀逸なお色味。
肉厚な革に顔料のっぺり、、、という感じでもなく自然に色がのっています。

IMG_7800.jpg
革のツヤもイイ感じ。
遠くからみてもある程度のオーラがwww
コレをクタクタに柔らかくなるまで使い込みたいんですよね。

ジツはそんな革を縫い合わせるステッチも秀逸で、均等なピッチでしっかりとした糸で縫い合わされています。
コーチのステッチについては、ブランド内での規定があるようで、1インチ(約2.5cm)の幅の中で12ステッチと決められているとのこと。となると1つのピッチは約2mmという事ですね。
こういった細かい仕事をするブランドであることはあまり知られていないのではないでしょうか。

IMG_7784.jpg
コバの処理は顔料が塗られドーム型になっています。
コバの処理の良し悪しは顔料は少なめで、等の諸説ありますが、この濃いめのお色を載せて
艷やかに仕上げれられたコバも結構好きです。

IMG_7801.jpg
細すぎず太すぎず、短すぎず長すぎず、な絶妙なハンドル。
肩に引っ掛けても手で持っても長すぎないいいサイズです。
この辺りの太さはフェリージにも似ていますね。
カサカサもせず、もっちりとした革質もGood。

IMG_7783.jpg
ハンドルとボディは金具で連結。
コイツのお陰でハンドルの取り回しが楽ちん。
また、負荷のかかりそうな箇所にはしっかり補強ステッチを。
実用性も考慮したデザインでこういったトコロも考えられているのは安心。

IMG_7632.jpg
あと全体的にLLビーンのボートトートに似ているデザイン。
ジツはコイツがあるので本家のボートトートが買えない貧乏性が炸裂(爆)

まぁ容量や使い勝手は変わりません故、コイツをガンガン使って行きます。
重さも総革仕立て故、重たいのでしょうが、個人的には全然気になりません。
重たくて持てない!なんて事態になった事ありませんものwww


**********************

■コーチというブランドについて

コーチについては、ブティックの雰囲気や、前述した様な革の雰囲気やステッチの正確さ等、店頭品の品質やサービス面でみると、ハイブランドと比較してもさほど変わらない、、、という印象でありながら、(コレは賛否あると思いますが)誤解を恐れずいうと、今日現在のコーチというブランドはハイブランドではない、、、というのが皆様の認識ではないでしょうか。

ここに一つの矛盾が出るわけですが、過去のブランドイメージからいうと現在ほど手軽なイメージはありませんでした。
では何故ここまでブランドイメージが低下したのかと考えると、やはりアウトレットショップの台頭が原因ではないでしょうか。

いまや全国に派生した巨大アウトレットモール。
定価から*割引き!といった値引きに加え、更に当日限定という○割引の追加チケットの配布などで、大量値引きを実現させているアウトレットショップの登場時より目玉ブランドの様な格好にて誘致されていたコーチ。
元々ハイブランド路線でブランディングしていたコーチであったが故に、ある程度の集客効果があったものの、そんなに安く買えるなら非アウトレットのブティックで大枚叩く意味ないじゃないか、、、とブランドイメージが低落。
まさにアウトレットによってブランド力が低下した事例の筆頭ではないでしょうか。

ただ、普通に考えると 量産製品(もっというと、革という安くない素材を使用しているのに)あんなにアウトレット品が出るワケないんですよね。
あれだけ不良品が作られているという事は、どれだけ歩留りが低くて、品質管理がザルなんだ!という話です。
実はそこに巧妙なカラクリが隠されているのですが、この辺りは筆を取るとマダマダ長くなりそうなので、一端ここまで。
コレ以降はまた改めて筆を撮りたいと思います。

ただ、路面店や百貨店で扱われる非アウトレットのコーチに関しては、ソレとは一線を画す出来栄えである事は皆に知って欲しいモノです。


**********************

■あとがき

『良いモノを永く使う』という事を考えると、ある種のミニマリストの様な領域になってくるのかと、思う事があります。

例えば、私奴の革靴ラインナップ(というには風呂敷を広げ過ぎですが(爆))に置き換えてみると、ある程度のシーンには対応できる程にアイテムも揃ってきた感があります。

そうなると(永く使うという観点から考えると)、むこう数十年、リペアは必要かもしれませんが、新たに買い足す必要性も無い、、、という事になるのかなぁと、思ったり思わなかったり。。。

そうなると、もう私は靴は買えないという事になるんではないだろうか。
カバンだってそうだし、洋服だって。

ただ、自信を持って言える事は、恐らく洋服や革靴、カバンに対する物欲は無くならないでしょうから、今後もマイコレクションは増えちゃう(爆)


永く使うにはローテーションは必要だから、、、

なんて 言い訳を大義名分にしちゃう程に、『良いモノを永く使う』というのは、ある種 自分の煩悩(というか物欲)との戦いなのかもしれません(爆)

まだまだ修行が足りませんwww

******************

楽天でブリーカーレザーウィークエンドトート を探す↓↓

COACH コーチ/鞄 トートバッグ 70487 ブリーカー レザー ウィークエンド トート 【中古】 レザー/皮/革 メンズ brown/ダークブラウン/茶



*****************

物欲解消備忘録にてツイッター始めました!
宜しければ、フォローお願いします!



******************************
関連記事

 ・愛しのフェリージ(Felisi)の8637/2/DSを徹底レビュー!
  見れば見る程に分かるフェリージの作り込みっぷり!これを見るときっと欲しくなる!?

 ・一泊用ビジネスバッグを一斉比較!
  当たらずとも遠からず!?各社のバックを実際に触ってみた印象含めたレビューはコチラ!

 ・TUMI 26141 出張にピッタリだZ!
  もはやビジネスパーソンの定番装備アイテム!社内の荒波に耐えうる防御力はサスガ!ww

 ・TUMI 26141 コレが男ゴコロをくすぐる仕様だ!
  大定番、26141の仕様を大解剖!コレを読んだら欲しくなるかも!?

 ・TUMI 26141 使って解ったデメリット
  デメリットを含めて好きになる!褒めでばかりじゃフェアじゃない!?

*******************************
人気の記事

おお、愛しの君はトリッカーズ
履き込まれたトリッカーズの魅力を是非!!

革用クリームのオススメ品比較
みんな大好きな革製品のメンテナンスクリームを一斉比較!!

2017-02-12 23:49 | カテゴリ:ファッション

FullSizeRender_201702122333209cd.jpg

さて、今回は久しぶりのジーパンネタについて。

ジーパンネタと言えば約半年前に筆をとったRESOLUTE(リゾルト)が記憶に新しい所ですが、なかなかどうして嬉しいことに本ブログへ辿り着く方はリゾルトについて検索されている方が多い様です。

その中でも『リゾルトの色落ち』に関して検索されている方が多い様で、そういう意味ではこんな稚拙なブログでも 購入検討や色落ち具合の参考になっていれば嬉しいなぁとポジティブに考えております。

というワケであれば、褒められると伸びるタイプの私奴(←褒められているのかは分かりませんが(爆))。
調子にのって色落ちの経過報告する企画でも立ち上げてやろうかと思い、今回筆を執った次第であります。
幸い、前回リゾルトの色落ち具合をご紹介させて頂いた際に、新たに710を購入した旨も報告させて頂いておりますので、早速新企画の1発目として、前回に引き続きマイファーストリゾルトの713と、新戦力710の色落ち具合の進捗について筆を執ろうかと思います。

果たして、世のリゾルト購入を検討されている方の背中を後押しできるのでしょうか。


************************
関連記事

 ・RESOLUTE(リゾルト)のジーパンの魅力とは
  イチオシのジーパン、RESOLUTE(リゾルト)とは!

 ・RESOLUTE(リゾルト)のジーパンの魅力とは 其の2
  やはり噂は本当だった!?色落ちがキレイと噂のリゾルトの色落ち具合を大公開!

************************

■RESOLUTE(リゾルト)の魅力とは

さてさて、これも過去の関連記事の繰り返しとなりますが、リゾルトの魅力といえば、大きく分けて2つあるかと思います。

1つ目が、シルエットがキレイという事。

これは言わずもがなですが、ピッチピチのスキニーというワケではなく程よいタイトジャストサイズで、スッキリ見えるという事。
もっというと今でこそ市民権を得た様に感じますが、ノークッションの踝丈というのもポイントかと思います。

身長は169cmで(調子が良ければ170cmになる(爆))私奴ですが、W29のL29を1インチ位のロールアップで愛用しております。
冬用ならばL30もアリですが、その辺りはブーツでカバー!

IMG_7630.jpg
アングル的に見難いですが、チョット短めです←(丈も足も(爆))
本当ならL32くらいを踝丈で穿きたい(切実)
いやはや、自分の短足具合に泣けてきますwww
ただ、ソレを感じさせな、、、もとい!うまくカバーしてくれるシルエット!

それについてはリゾルトの魅力にて筆を執っているので割愛しますが豊富なサイズ展開の恩恵ですよね。


そして2つ目が、(体感的ですが)足の速い色落ちでしょうか。

このリゾルトの生地自体もデザイナーである林御大は相当なコダワリを以って完成させたようで、独特の毛羽立ちはモチロンの事、ジーパンの青色がいい色なんです。
リジットやワンウォッシュでこそ濃紺っぽい雰囲気ですが、基本的には青の発色がキレイだなぁと思います。
で、この青がキレイに色落ちしてくれるもんで、ヒゲや太ももアタリの色落ちが比較的出やすい印象です。
もっというと、赤耳(リゾルトはオレンジ耳ですが)のアタリもキレイにでてキャタピラの様な色落ちが楽しめます。

この色落ちと、林御大のコダワリこそが、リゾルトが人気ブランドたる所以だと思います。
色落ち具合の写真は後述するとしても、十分におススメできるジーパンだと思います。


*****************************

■リゾルト710の色落ち進捗

では早速、リゾルトの色落ちがどういった経緯で進行するのか私奴の710でご紹介をば。
先ずは購入後1年2ヶ月後の色落ち具合がコチラ。

IMG_7734.jpg

IMG_7742.jpg
サラリーマン故、着用できるのは週末という頻度。
だけど、それにしては結構いいペースで育っております。
では、早速詳細をご紹介!

IMG_7737.jpg
ヒゲともも周辺も若干濃淡がでてきました。
そして青い!とてもいい青さで、これ位のお色具合は結構好き。
RRLのジーパンの青色っぷりにも通ずる色味です。
若干のタテ落ちっぽいイキフンも少々。
濃淡がハッキリするにはもう少しかな。

IMG_7735.jpg
ヒゲ部分の拡大。
イイ感じです。水平に入ったヒゲはジャストサイズの証?

IMG_7738.jpg
膝の部分。
前回もレビューしましたが、膝の放射線状のアタリが好きなんですが、コイツはこれかかな。

IMG_7739.jpg
ひざ裏(所謂ハチノス)
跡としてはクッキリとクセが付いてきた位でしょうか。

この710はワンウォッシュを購入し、勇んでパシャパシャと写真まで撮ったものの整理が悪く見当たらない大ボーンヘッドっぷり(爆)は前回ご紹介したとおりですが、いい機会ですから色落ちの進行具合を整理してみました。
新品状態こそカタログ写真ですが、雰囲気はわかると思います。

FullSizeRender 3
平日は仕事をしている為、主に着用する機会は土日か平日の夜となりますので、如何せん成長速度は遅いのですが、それでも結構自分好みな色落ちに育ちそうです。

あ、ちなみにこの710に関しては、洗濯の際は表向きでボタンを締めて洗濯機へ。そのあとは自宅の乾燥機で回す、、、というコンセプトで育成中。
洗濯の頻度は特に決めていませんが、夏場であれば1~2W程度で1回、冬場であれば1~2M程度で1回、プラスして焼肉や飲み会で煙やタバコの匂いが着いたときは不定期に、、、と洗濯頻度は多い方ではないと思います。
基本的にある程度濃淡のついた色落ちが好きなので、自然と懐古主義な育て方になってしまいますね(爆)

この710に関しては、‍ヒゲもモモの部分も生地表面のケバが取れ、これから色落ちが加速するであろう段階になって来たと思います。期待のルーキー、ちょいとこれからが楽しみな選手でございます。


*****************************

■リゾルト713の色落ち進捗

さて、上記はRESOLUTE(リゾルト)の大定番710ですが、コイツは私奴にとって2本目のリゾルト。
マイファーストリゾルトである、713(710のローライズver.)の色落ちは更に見応えありますよ!(爆)

FullSizeRender.jpg
コチラが前回ご紹介した713の写真
2年半の穿きこみ(当時)の成果がコチラ。
手前味噌ですが、結構いい感じに色落ちしたと自画自賛(爆)

コイツも洗濯頻度は上記710と変わりませんが、パジャマ代わりに着用(爆)したり、椅子に着席した際にはヒゲとモモの部分をゴシゴシと擦ってみたり、最初の1年は裏向きで選択⇒コインランドリーで60分乾燥させたりと、結構ヘビーかつ、手塩にかけて育ててきたジーパンとなります。
そんな713の2017年2月時点での成長状態はコチラ

IMG_7732.jpg
全体的に色落ちが出たかな、、、という位。
ただ、決定的に違うトコロがひとつ。

お分かりいただけただろうか。。。

IMG_7733.jpg
やってしまった!
膝の部分が破れてしまいました、、、

コイツに関しては本当にショックだったんですが、自作でスケボーを作ってみたり、スケボーを始めてみたりと割とゴリゴリとで滑っていた時に、路面の凹凸にひっかかり、前方に投げ出されるような感覚で転倒。

しかしながら、私奴自身は昔取った杵柄とでもいいましょうか、中学時代に精を出した柔道部魂のおかげで、前回り受け身オブザイヤーを受賞する程の受け身を華麗にキメ、審査員からは10.00の高評価ポイントをとるほど優雅に対処したのですが、いざ被害状況の確認をすると 愛しのリゾルトの膝小僧には無残にも穴が開いていた、、、という悲しい出来事がありました。

まぁジーパン自体は元来ダメージも味として加味できる懐の深さを持っているアイテムですから!
これも味としてリペアでもしよう!と無理矢理納得させましたwww(爆)

そんなトラブルに見舞われた愛しの713の変貌履歴がコチラ。

FullSizeRender 2

FullSizeRender_201702122333209cd.jpg
冬場は着用頻度が下がってきましたが、これからの季節が本番。
サックスブルーになるまで穿きこんでいきたいと思います。


*****************************

■あとがき

おそらくリゾルトのジーパンといえば極端なまでのタイトフィット、と思われている方が多いと思います。
ギリギリ着れる一番小さいサイズを勧められて、椅子に座った日には足がうっ血しそうになったりお腹にゴリゴリ食い込んだりという風に。
それこそ、J.M.ウエストンのタイトフィット修行の様な見分がチラホラ。

これ、大筋は間違っていませんが、ある意味極端に脚色されているネタに近い部分はありますよww
まぁ実際は新品状態ではタイトなんですけどね。ウエストボタンもお腹を引っ込めてグイっと閉めないとイケない位に。

ただ、これは私もリゾルトに出会う前から実感していた事なんですが、ローライズ全盛期の頃に新品でウエストジャストを買った事があったんですね。当初は良いサイズが有ったなぁ、なんてホクホクしていたんですが、穿き込んでいくうちに 例に漏れずウエストが伸び、ベルトで留めないとセクシーコマンドーよろしくな『エリーゼの憂鬱』状態になってしまう事態に発展。
以来ジーパンを買う際はウエストサイズはキツめを買え!が座右の銘になっていた私奴にとっては全然違和感のないサイズ選択でした。

これは林御大も申しておりましたが、ジーパンは伸びるんです。
まぁ新品状態や洗濯(乾燥機)直後は、俗にいう『タイトなジーンズにねじ込む私という戦うBody状態』なんですが、まるっと半日くらい履いてるといい具合に伸びてきます。

IMG_7744.jpg
乾燥機直後の713。モモとウエストが別の意味で根性穿きですww
ケンシロウなら力入れるとバリバリに吹っ飛ぶ位です。
1時間くらいドライブなり、椅子に座っておくと案外ウエストの伸びは早いが、ももは半日はかかる。
あぐらで30分のアイロンがけをしてると、足がしびれてくる位(爆)

IMG_7743.jpg
ただ、ある程度伸びてくるとウエストも難なく閉まりますし、モモのゆとりもいい具合に。
洗濯直前の710。
膝が出てきた位が 好きな細すぎず、太すぎず、個人的に好き。

これは私奴の嗜好の問題ですが、私奴は前述の通り 色落ちはコントラストを求めるタイプですので、根性穿きとはいかないまでも生地が伸びてから履く期間が長いんです。
それ故、新品はタイトな今のサイズに落ち着いたワケですが、案外好きなサイズを穿けばいいと思うんですけどね(爆)

リゾルトを穿くから、タイトフィットじゃないとダメ!なんて事は絶対無いですし、たまたまデザイナーの林さんのスタイルとして そういう穿き方を推奨しているだけで、自由にサイズを選んでいいと思いますよ。

穿いたらサッと洗う方であれば、伸びた後のサイズをベースに考える事もありませんし、そもそも伸びるのを待つのが面倒(私も若干そのクチ(爆))であれば、最初からサイズアップしてもイイですし、もっというとルーズに履いてもイイと思います。ホントに。
それでも十分カッコいいシルエットだと思いますし、ジーパンの醍醐味である色落ちでいうと、でっかい斜めの下がりヒゲなんかはジャストサイズでは見られないですから!

色落ちを求めてリゾルトを穿く!という動機だって全然OKだと思います!
まぁ今回はリゾルトについて筆をとりましたが、極論を言えばリゾルトでなくともいいんです。カッコよければいいんですよ!
是非ぜひ、リゾルトでもリゾルトでなくとも、色落ちの進捗具合を情報交換してくれる方、大募集してます!(猛爆)


*********************

■あとがき②

過去はアメリカのアイテムにイギリスのアイテムを合わせるのはどうの、なんてエラそうに考えていましたが(猛省)、最近はカッコよければいいんじゃないかと思うようになってきました(爆)
そういう薀蓄は自己満足する為の付加価値であって、自分が満足できれば特にいいかな、、、と。
まぁイギリス×イギリスや、アメリカ×アメリカの様なコーディネートの相性がいいのは有りますけどねwww

ちょいと成長したような31歳の冬でしたwww ← 気付くのが遅い(猛爆)

*****************

RESOLTE(リゾルト)を楽天で探す↓↓↓

RESOLUTE(リゾルト)ジーンズ710 66モデル レングス29インチ【送料無料・代引手数料無料】



RESOLTE(リゾルト)をAmazonで探す↓↓↓
(リゾルト)RESOLUTE 710 W29-34inch L29-31inch (ウエスト【34】 レングス【31】)



*****************

物欲解消備忘録にてツイッター始めました!
宜しければ、フォローお願いします!



***********************
関連記事

 ・RESOLUTE(リゾルト)のジーパンの魅力とは
  イチオシのジーパン、RESOLUTE(リゾルト)とは!

 ・T1011のポケTにハマる
  チャンピオン社の大定番!未だにMade in U.S.A.を貫くヘビーウェイトTシャツといえば、、、

 ・ALDENのチャッカブーツを念願買い@2013冬
  ALDEN(オールデン)といえば、コードバンのチャッカブーツ!

 ・Ray-Ban(レイバン)のクラブマスターの武勲たるや、、、
  サングラス界のクラシック且つ、大定番。ウェイファーラーと並ぶ、レイバンの傑作品の魅力を是非!

 ・バブアー(Barbour)は着手をも試す傲慢っぷり
  ロイヤルワラントを3つも授かるイギリスが誇るハンティングジャケット。デメリット含めてズバリとレビュー!

2017-02-06 00:36 | カテゴリ:ヌメ革お手入れ
IMG_7477.jpg

最近は革関係について、特にヌメ革という事になると筆をとるのもご無沙汰しておりました。
急に思い出したかの様で恐縮ですが、皆様ヌメ革ライフは満喫しておりますでしょうか(爆)

さて、ヌメ革といえば過去にも筆をとった事がありますが ヌメ革自体は私の大好物で、特に購入直後には日光浴させたり手間がかかるところや、初めは薄いピンクかベージュの中間のようなお色であった革が 使い込めば使い込むうちに深ーいアメ色に仕上がっていくサマが堪らなく好きなのです。
まさにエイジングの王道ですよね。

この視覚的にわかる変化というのが、初心者も楽しめるヌメ革の魅力ではないかと思います。
もっというと、ヌメ革でメンテナンスの基礎や楽しさを学び、ヌメ革から他の革製品や革靴等へ繋がる導入口となりえるという意味でもおススメです。

IMG_7718.jpg
ヌメ革製品と言えばココ、BREE社の名作コインケース
過去に本ブログにも登場したコイツも、今回いい機会なので最新画像を更新!
最早アメ色を通り越して、ダークブラウンの域までww
手前味噌ながら良いエイジングっぷりです。

こういう自分の相棒を育てている!という感覚は、男の子が10人いたら8人はツボにハマり、残りの2人は既にハマっている状態というのが世の常でして、男の子は皆好き!という偏見すら覚えている程です(爆)

ただ、女性でもヌメ革でお馴染のBREEのネイチャーシリーズの小物でもカバンでも、イイ感じのアメ色まで育てている方は一定数おられる様で、そんな方を街中で見ちゃうと 私奴は きっと優しい方なんだろうなぁと 一人でキュンとしてしまいます。(爆)
だって、なかなか継続的なメンテナンスは出来ませんぜ。


閑話休題。



さて、何故またこのタイミングでヌメ革について筆を執ろうかと思ったかと申しますと、実はこの冬のセール?にて衝動買いをしてしまったから。
そして、それが何を隠そうヌメ革製品だったもんで、急に思い出したように筆を執っている にわかっぷりです(猛爆)

という事で私奴の中に眠るヌメ革への欲望を、叩き起こした製品がコチラ!

IMG_7476.jpg
ただのベージュのスリッポンじゃねーか、と思う事なかれ!
そう、アッパーが全てヌメ革でできている超個人的物欲モデルなのだ!
コイツ自体はセール価格ではなかったのですが、初売りって事で店内全品10%OFFという罠にハマり今年1発目の衝動買いww
見事にやられました(もとい!やってやりました爆)

しかし、コイツ。細かい所を見れば見る程にヘンんなコダワリが効いていてちょっと面白かったので、ある意味『購入直後状態の備忘録』として、写真を残すためにもご紹介してみようとおもいます。


************************
関連記事

おお、愛しの君はBREE
第1章 ヌメ革について
第3章 ヌメ革、手入れ方法
番外編 革用クリームについて
革靴、革小物用メンテナンス用ウエスついて
プロに学んだ メンテナンス用のウエス使い方

************************

■VANSプレミアムレザーパック

さて、上記で写真を貼たところで気がついた方も居られると思いますが、こやつは何を隠そうVANSの製品でざいます。
その中でもプレミアムレザーパックという たいそうな名前のついたモデルという事が判明しました。

有名どころでいえば、最近 エンダースキーマーというブランド?が同じような名作スニーカーをヌメ革で再現、、、なんてプロダクトがありますもんで(ココンチは、ソールからオーリーガードまで革仕立てという本格派右腕)、最初見つけた時は、エンダースキーマー以外にも、イイ所に目を付けたブランドもあるもんだなぁと、とてもVANSの製品とは思っておりませんでした。

で手に取ってみると まさかのVANS。本家かよww

というのも、シューレースやスリッポンのゴム部分も同色で仕上げられており、シューレースに至っては ヌメ革と見まごうほどの色味の再現っぷりにテンションが上がる位にキレイにまとめられております。

案外ハデなカラーリングの印象があったVANSですが、ここまでキレイに色味をまとめていたり、ヌメ革を使ってみたりと、こういった地味目(?)なコンテンツをココンチがやるとは以外でした。
いやはや VANSの企画部もやるもんです。

IMG_7475.jpg

IMG_7474.jpg
遠目はシューレースもヌメ革っぽい仕上がり。
ただ、日焼けしてアッパーがアメ色になった時、シューレースだけ浮くよなwwwなんて。
店頭にはオーセンティックとスリッポンの2種しかありませんでしたが、ラインナップとしては他にもオールドスクールとスケハイもある様です。

まぁ個人的にも 買うならばオーセンティックとスリッポンの2択でしたが、こう見てみるとスケハイも捨てがたいですね。こまごまとしたパーツ部分がイイ味でそうww

結果として、ヌメ革のメンテナンス性や将来のエイジング時のムラ感や育成具合を楽しむ為に今回はスリッポンを選択しましたが、この写真を見る程にオーセンティックへの未練がでてきます(爆)
やはり両方買うというのが最適解だったのかwww(猛爆)

IMG_7479.jpg
スリッポンのゴム部分もヌメ革と同じベージュに。
結構仕事が細かい。

とはいえこのスリッポン。
プレミアムレザーパックというだけあって通常のアッパー部がファブリックからヌメ革へ変更となっただけの通常モデルというモノではありませんでした。
ソイツがこちら。

IMG_7485.jpg
なんと中敷にはクッション性に定評のあるULTRA CUSHが採用されているっぽい。
コイツはなにを隠そうVANSのスケボーに特化したプロラインに使われる中敷と一緒じゃないか。

IMG_5126.jpg
以前ご紹介したプロラインのERAプロの中敷。
プロラインはULTRA CUSHの文字と共に取り外し可能な中敷が入ってます。
プロラインは中敷だけでも出来が良くて、おススメです。

しかしこのヌメ革VANSの中敷は取り外し不可の一体型。(通常ラインと同じです。)
まぁ取り外しできるインソールではないけれど、通常ラインよりはクッション性の良いULTRA CUSHを配置したチョイ高スペックという事ですね。

IMG_7478.jpg
あとはピスネームも小さいヌメ革に変わってる。刻印までww
普段なら布製で(プロラインなら裏に『PRO』の文字があったりするんですが、ココまでヌメ革にしてコダワるあたりが、従来のVANSとは違う意気込みを感じる。好きだなぁ。

後はスリッポンとはいえ、元々はスケートシューズメーカーのVANS。
所謂スケシューの証として、スニーカーの側面にはオーリーガードと呼ばれる凹凸のついたパターンのゴムが貼られるんですが、コイツに関しては凹凸の無いフラットなオーリーガードが貼られています。

FullSizeRenderのコピー3
上が従来のスリッポン。ローレットの凹凸があり。
対して下のヌメ革VANSはゴツゴツさせず、スルリとしたオーリーガード。
白いソールが、ヌメ革の色味とマッチしてキレイ。
大人っぽい雰囲気です。VANSだけどww
春夏の活躍に期待!

IMG_7480.jpg
ちなみに、オーリーガードはPROラインに見られるDURACAPを挟んだ3重構造では有りませんでした。
基本的にはプロラインがベースなんじゃなくて、従来モデルがベースなんですね。

IMG_7488.jpg
品番の頭がVNという事は、アメリカ企画みたいですね。
Vから始まる品番は日本規格で、VNから始まるのはアメリカ企画です。

IMG_7481.jpg
例に漏れずテープもアメリカ企画を表す左巻き。
(日本規格は右巻き。)
ヒールパッチも白地にオフホワイトでプリントされていたりとオシャレな作り。


ヒールパッチだったり、全体的な雰囲気だったり、ピスネームのコダワリっぷりだったりと、全体的に洗練された出来栄えで、結構カッコいいんじゃないかと思っています。
誤解を恐れずいうと、今までのVANSにはなかったイキフンを感じます。

ってかアメリカ企画でもヌメ革をセレクトするって事は、アメリカ人もヌメ革エイジングが好きなのでしょうか。やはりエイジング好きに国境はありません(爆)



***************************

■新企画!ヌメ革VANSの育成日記が始動!?

さて、こんな変り種のVANSですが、イロイロ検索してみた結果、東京の方では先行販売分が完売したりと結構な人気の様子。
まぁ価格も通常品と比べて高いとはいっても1.5万円くらいですから、手が届かないレベルでもありませんし、デザインは案外キレイにまとまってるし、これから経年変化が楽しめる、、、となると食指を動かすには十分な材料が揃っていますもんね。

私奴に至っては、幸いにも地方都市在住の利点である、ライバルが少なくくGETできちゃった事もあり、コレも何かの運命デステニー!という事で、これを機会に新企画を立ち上げてみようかとおもいます。
題して『チキチキ☆ヌメ革VANS育成日記』をここに発足させたいと思います!

というのも、コインケースや財布、手帳カバーなど、小物についてはチョイチョイとヌメ革生活を経てきた私奴ですが、靴となると初体験でございます。
当然、スニーカーですから、水染みも付きやすい状況下での育成は初めて。
このヌメ革スリッポンが数年後履き込んだ後に、一体何処までアメ色に育っているのか、ヌメ革ビギナーの方から、熟練者の方まで様々な意見を頂きながら経過を観察していきたいと思います。

せっかく購入直後の写真もありますので、とりあえず1ヶ月程度日光浴させてみまして、その結果含めてビフォーアフターをご紹介てみませうかね。

ただコイツ。一点心配があるとすれば、おそらくガンガンに履き込んだ場合、アッパーのヌメ革のエイジングが完成するより前にソールに限界がきそうです(爆)
革靴であればソール交換が可能ですからアッパーの革に至っても永く付き合う事ができるのですが、それがスニーカーとなると ソレはナカナカ難しいでしょうし、どうしてもヒール部分は減り易いですしね。

まぁ最悪、スケーターの友といわれる『シューグー』にて補修しながら延命していけば良いのでしょうが、実際どこまでエイジングする事ができるでしょうか、乞うご期待!

******************

AmazonでVANSスリッポンを探す↓↓
(バンズ) VANS CLASSIC SLIP-ON クラシック スリッポン BLACK vn-0eyeblk 26.5(8H)US [並行輸入品]

楽天でVANS スリッポンを探す↓↓

新品海外モデルVANS/SLIP-ON/プレミアムレザー/白/バンズ/スリッポン/【あす楽対応_関東_甲信越_北陸_東海_近畿_中国_四国】



*****************

物欲解消備忘録にてツイッター始めました!
宜しければ、フォローお願いします!



*******************************
人気記事

 ・新企画!RESOLUTE(リゾルト)のジーパン色落ち経過報告!
  足掛け3年以上!リゾルトは一体どのような色落ちをするのか!?

 ・T1011のポケTにハマる
  チャンピオン社の大定番!未だにMade in U.S.A.を貫くヘビーウェイトTシャツといえば、、、

 ・Ray-Ban(レイバン)のクラブマスターの武勲たるや、、、
  サングラス界のクラシック且つ、大定番。ウェイファーラーと並ぶ、レイバンの傑作品の魅力を是非!

*******************************
関連記事

おお、愛しの君はBREE
第1章 ヌメ革について
第3章 ヌメ革、手入れ方法
番外編 革用クリームについて
革靴、革小物用メンテナンス用ウエスついて
プロに学んだ メンテナンス用のウエス使い方


三越・伊勢丹オンラインストア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。