おもちゃ no.10

2016-07-22 00:19 | カテゴリ:おもちゃ
いきなりですが、皆様は何かご趣味はお持ちでしょうか。
やはり仕事だけでは人生に味気無いという事と、プライベートが充実しないと仕事も充実しないぞ!と、初めての上司の言葉に感銘を受けた事もあり、以後 私奴も仕事に遊びに全力を尽くしているワケであります。

遡れば、以前に筆を執ったこともありますが、私奴も16歳の頃からギターを始め、途中離れたりくっついたりしながらも、今でもまだ細々とバンド活動は継続しており、自身の趣味を問われると一番に思いつくのがギターでございます。

そんなギターを蔑ろにするワケではありませんが、この度 齢30を超えた私奴でも新たな趣味を開拓するに至りました。

まぁそれが何を隠そう首記のスケボーなんですが(猛爆)、今回はそんなスケボー関連にて備忘録的な記事を投稿したいと思います。


****************************

さて、この歳でスケボー始めた、となると 『今更?』なんて声も少なくありませんでしたが、仕事ならまだしも自身の習い事や趣味で言いますと『何かを始めるのに遅いという事は絶対にない!』というのが私奴の持論です。

誰が言ったか『今日より若い日はない!』と、初期衝動のまま突っ走るもの案外悪くないと思いますよ。

ただ、なぜスケボー?という事も結構問われましたが、理由は単純。楽しかったからです。

その楽しいと感じるまでの経緯については後述するとして、スケボーやサーフィンに代表される所謂横ノリ系のスポーツにおいては、18歳の頃からスノボを嗜んでおりましたので、とっかかりとしては案外抵抗なく始める事はできました。 まぁ勝手は全然違いますがww

初めは板にマクられてコケそうになるわ、ヘッピリ腰で蹴っても進まないですし、第一べらぼーにカッコ悪かったですww
それでもシコシコ1年かけて練習しまして、トリックはまだまだですが、ようやくサマになってまいりました。
やはり何かを始めるのに遅いなんてありませんね!


さて、でも何故30を超えてスケボーにハマるに至ったのかといいますと、恥ずかしながらラルフローレンのルックブックに影響を受けたワケですねwww

いやはや理由だけ聞くとミーハー臭全開ですがww、本ブログの停滞が始まった2013年頃でしょうか、時を同じくしてラルフローレンのウェブサイトでお馴染みの金髪デルモ−の兄さんが所謂オールドスクール感あふれるスケボーを持った写真がありまして、そのスケボーがスゲーカッコよく見えたワケです。
※写真を探しましたが見つからず、、、無念。

とはいえ、当初は部屋のインテリアにでも欲しいなー的な安易な考えで、更にスケボーのハマるつもりも毛頭なかったので、改めて買うのもチョット、って事で構造的にも板に車輪付けるだけ(爆)ならいっそ自分で作ってみようか、と腰を上げたワケです。

元来、初期衝動だけでアレコレ動いてしまうタチなので、そのままホームセンターへ向かい適当な板(確か840円とかそんなの)とヤスリと、ボルトとナットを購入。

IMG_0316.jpg
一般的なスケボーといえば、板の両端が反り上がっているんですが、そのラルフローレンの写真もスケボーはオールドスクールなデッキで テールの返りもないフラットタイプでしたので、ここも初期衝動でクリアできちゃいましたwww

ただ、足回りだけは当時の知識では 自身で組み立てるに至らず、近所のサブカルショップにて、当時ブームであったペニー(ミニクルーザー)のフェイク品を買って帰宅。

で早速シコシコと自作スケボーの作製に至ったわけでした。

IMG_0317.jpg
たしかこんなフォルムだったよな、、、¥840の板にアタリをつけて下書き。
もっと良い板買えよ!というツッコミは甘んじて受け入れますww
で、一番しっくりきた線を採用。

IMG_0318.jpg
左右対称じゃないとカッコ悪いので、トレーシングペーパー(奇しくもラルフローレンにて買物した際の包んでくれた紙)にトレース+左右に転写。

IMG_0319.jpg

IMG_0320.jpg
左右のアウトラインが引けたらノコギリでカット。
結構大雑把に。 どうせヤスリで削るしwww

IMG_0321.jpg

IMG_0322.jpg
カットした不格好なデッキをヤスリでゴシゴシ。
番手は、たしか、400→800→1200と3段階でシェイプ。

IMG_0325.jpg

IMG_0327.jpg
後は電動ドリルで穴をあけて、フェイク品のミニクルーザーから外した足回りをボルトで固定。
ホムセン調達の材料なもんで緩み防止ナットじゃなくでスプリングワッシャを噛ましているのもポイントwww

IMG_0326.jpg
完成!
そうそう、この真っ赤で且つ、クルーザータイプの幅広ウィール(タイヤ)。


ムスタング(ギター)よろしくに赤いストライプペイントの為に塗料とマスキングテープも用意しましたが、心折れまして一旦頓挫。

IMG_0324.jpg
一応ステンシルも自作で用意しましたが、うまく使えずコチラも断念。

とりあえずアメリカンでオールドスクールなスケボーが完成したので テキトーに飾ってみたり、靴のディスプレイ台として使ってみたりしていましたが、我が愚息のキックバイク(ストライダー)の練習に合わせて、まぁせっかくなのでチョット滑ってみようか、、、と悪魔が降臨。

あとはご想像の通り、一度乗っちゃうと男の子の性なのか なし崩し的にスケボーの爽快感と楽しさにハマるワケですね。

そうなるとYoutubeでスケート動画を見るようになり、そうると、自作したミニクルーザータイプでは物足りなくなり、所謂ストリートデッキというヤツを購入する運びとなったワケです。

IMG_6292.jpg
その流れで購入したストリートデッキと自作のミニクルーザー。
ストリードデッキを組むに際しては、定評のあるサンダーのトラックに、BONESのベアリングにスピットファイアのウィールというド定番仕様。
デッキだけはデーハーなグラフィックを敬遠してブランクデッキにしましたが、微かな抵抗として西海岸の香り付けの為にpatagoniaのステッカーをペタリ。

週末になると息子と自転車とスケボーで競争したりと今のトコロ飽きる気配もなく細く長く続けられそうなイメージです。

そんなこんなで、結果的にスケボー界隈に片足を突っ込んだ格好となりましたが、改めて今回のターニングポイントを考えてみると、最初に購入したペニーのフェイク品の足回りが案外高品質であった事に尽きると思いますwww

IMG_6291.jpg
フェイク品とはいえ分解してグリスアップしたら結構走る足回り。
ペニーとは異なりトラックもメタル製でどことなくベンチャーを彷彿とさせるカタチ。

コイツがヘボヘボなカタチだけのハリボテでしたらココまでハマるきっかけには成らなかったかと思います。

ただ、カタチから入る事でお馴染みの私奴が、自作クルーザーからスケボーにハマり、ストリートデッキを組んでハイ終わり!なんて事はなく、スケボーに関する周辺機器は目を光らせるようになっております。

という事で、次回はスケボー関連としてGETした逸品をばご紹介したいと思います。

ヒントはコチラ
IMG_1269.jpg


まぁ、やはり結局はカタチからwww
これは世代なのかもしれませんが、スケーターファッションでも、HIPIHOPファッションでも、オールドスクールな装いがたまりません!!

*****************

スケボーを楽天で探す↓↓↓

スケボー スケートボード コンプリート SANTACRUZ サンタクルーズ デッキ サイズ 7.6inch 初心者 おすすめ セット



スケボーをAmazonで探す↓↓↓
DUB STACK(ダブスタック) スケートボード DSB-10 31インチ 【高品質カナディアンメープルデッキ】 コンプリートセット 【ABEC5ベアリング採用】

*****************

物欲解消備忘録にてツイッター始めました!
宜しければ、フォローお願いします!



*****************
人気の記事

真夏のニットキャップ
夏に持って来いの絶妙カラーのオススメニットキャップ!

1011のポケTにハマる
今なおアメリカ生産を貫く、Tシャツの定番かつ完成形!



2013-06-27 02:14 | カテゴリ:おもちゃ

さてさて、前回の記事にてMicki(ミッキィ)社の木製レールセットをばご紹介しましたが、今回はそのスピンオフ企画でも。

といいますのも、前回紹介しました、BRIO(ブリオ)、Micki(ミッキィ)、learning curve(ラーニングカーブ)の木製レールセット。
価格面では上記3社ではMicki(ミッキィ)社のが、シンプルで価格も安いですよ。とご紹介しましたが、ジツは他のオモチャと比較するとまだ高価だったりするんですよね。

まぁ、それは品質面や、前回も記載しましたが、ヨーロッパの玩具基準等のしがらみがあるのでしょうが、もうちょっと安く手に入れられないかと思う方も少なくないと思います。


と、いいますのも、その気持ち、痛いくらいに分かるんですよ。

私奴も最初はMicki(ミッキィ)の(8の字)レールセットを購入したのですが、暫くしていると もっともっとレールが欲しくなるんですwww

おそらく、子供以上に私奴の物欲が勝った可能性もありますwww
(ミニ四駆世代の宿命なのか、コース状のものには無条件にて反応する体質になっているのかもしれませんww)


ただ、BRIO(ブリオ)しかり、Micki(ミッキィ)しかり、純正品のレールはお高いのですwww

多少なりとも愚息も大きくなり、何でも口に入れたりする危険も少なくなってきましたので、何とか安くて互換性のあるサードパーティー的な木製レールは無いかなーーと思っていた矢先。。。



 見

 つ

 け

 ま

 し

 た 

 !



ソレがコチラ↓↓↓

IKEAレール
シンプルなパッケージから覗く木製レール。コレはwww



なんと、コレ。
数年前に日本へ上陸し、日本のオシャレ野郎をトリコにした、北欧発の低価格でオシャレな家具でお馴染みのIKEA(イケア)の商品なんです。

何!?IKEAさん!やるじゃない!!

しかもコイツ、嬉しい事に Micki(ミッキィ)の同等製品と比較して、価格が1/3。










ホント、初めてみた時は ザ・ワールド!でしたwww


しかし、いくら安いとは言っても、『コレ 中国製とかだったら、変な洗剤で洗浄されてる可能性もあるし、ちょっと抵抗あるなー。。。』 と思っていましたが、表記をみるとMade in Bulgaria。

ブルガリア?
はて? ブルガリアってヨーロッパだよね?

と、即座に関取 琴欧洲のイケメンヨーロッパ顔を連想して、自己完結www

まぁ、この製品に関してまで、ヨーロッパの玩具基準が適用範囲なのかは不明なトコロではありますがww まぁ、安かったもんでモノは試しと、数セット購入してみました。


今回は、そのIKEA製の木製レールセットと、Micki(ミッキィ)社のレールセットをば、比較してみませうか!!

*****************
関連記事

 ・おお、愛しの君は木製レール
  人気木製レールメーカー ミッキィ社のレールについて!

***************


では早速、比較といきましょうか。

◇外観

IMG_1176.jpg
左がMicki、右がIKEA
遠目ではあまり差異は無く見えますが。。。

上記写真を見ると、外観上はあまり差異ありませんが、 例えば 以下の様にレールの面取り、バリ取り処理には差があります。

IMG_1178.jpg
左がMicki、右がIKEA
IKEA製のレールは角が切りっぱなしで、ケバ立ちが立ちますが、対するMickiのレールはキレイに処理されています。



とはいっても商品自体に1/3の価格差があるわけですから。
おそらく こういった内容にて、IKEAはコストダウンを図っているのでしょう。



◇ジョイント部

IMG_1179.jpg
左がMicki、右がIKEA
Mickiのレールには同社の刻印がキラリ。

IMG_1180.jpg
左がMicki、右がIKEA
基本的に形状は同じ。上写真の様に、もちろん互換性もあり。

ジョイントパーツ自体における品質差は特に感じられませんでした。(まぁプラスチック製品ですしねww)
但し、取り付け精度には 差が見られます。

IMG_1181.jpg
左がMicki、右がIKEA
IKEA製のジョイントパーツは接着角度にθズレ有り。

この取り付け角度の影響にて、レールの連結時の不具合が出る訳ではありませんが、やはり管理の甘さとしては見受けられます。



◇列車

IMG_1182.jpg
左がMicki、右がIKEA

コレは形状からして違いますね。
IKEA製の列車は形状が、Micki以上にシンプルです。
また、塗装も、Mickiの方が厚塗りで、発色が良いのがポイント。


IMG_1184.jpg
左がMicki、右がIKEA
車輪の取り付け部に関しても、Mickiは遊びが少ないのに対して、IKEA製は遊びが大きい。



****************

と、まぁ ざっとですが、以上が、両メーカー比較結果です。
しかしながら、前述の通り、コスト面を考えると 上記の品質差は仕方ないかなと思います。


というか、IKEAの品質が低いというよりも、『Mickiが思いのほか 高品質だった』 という印象です。

過去の経験上、大抵こういった一般的に好評価なメーカーであっても、ブランド名だけが一人歩きしており、サードパーティー製のモノと比較しても品質には大差なし。
といったイメージでしたが、ココまで品質管理されているとは、サスガです。
(特に、切断面の面取り加工なんて、触ってみないと分からないwww)

改めて、Micki社の品質を再確認www
ブランド名が一人歩きとかwww  失礼しましたwww



で、
このIKEA製のレールについてですが、結論からいうと 『条件付きで買い』 といった印象です。

というのも、上記の様に 品質面ではやはり冒頭の3社よりは劣る印象です。
(まぁ、コスト面からみても、当然でしょうか。)

故に、新生児というか、お子様が小さい御家庭には不安が残る印象でした。
(切断面の面取り等、やはり気になる箇所があります。)

ただし、そういった面を考慮できる(気にならない、有る程度お子さんが大きい、自分でヤスリがけをするww等)場合は、買いだと思います。
だって、Mickiのレールと同じ値段で、3セット分のレールが買えちゃうわけですからww
この辺りの判断は、諸兄諸姉諸君におまかせ致しますww



ただIKEA自体が、正規の通販サイトを持たない為、近所にIKEAの無い方は若干歯痒い思いをされるかもしれませんね。
(個人的な購入代行サイトはありますが、手数料等が上乗せされており、割高ですし、、、)

いっその事、ボーナスでIKEAでの買い物旅行でも計画してみますかwww


IKEAの木製レールセットを楽天で探す↓↓↓

IKEA 木製レールセット【LILLABO】列車基本セット●レール全長3m!木のおもちゃ イケア




***************

物欲解消備忘録にてツイッター始めました!




*****************
関連記事

 ・おお、愛しの君は木製レール
  人気木製レールメーカー ミッキィ社のレールについて!

 ・おお、愛しの君はPENDLETON
  ネイティブインディアンも愛用する高品質ブランケット!新生児用の毛布にもピッタリ!

 ・ペンドルトンのバスタオルは八面六臂の大活躍!
  柄はペンドルトンでありながら柔らかな肌さわり!コットン100%を選ぶならコチラ!

カーズ特集【トイザらス】

2013-06-18 21:31 | カテゴリ:おもちゃ
先日、我が地方の最高気温が、6月にして36℃をマークし、もはや盛夏の勢い。
こんなに暑くなってしまえば、部屋の中でエアコンの恩恵を受けて、、、とぐうたらしてしまいますが、子供に至ってはそうは行かず。

先日は、外でシャボン玉遊びを!とけしかけられ、日光降り注ぐ中ポワポワとシャボン玉で遊んでおりました。

そんな元気盛りな我が愚息ですが、室内遊びにおいても、お気に入りのオモチャがあります。

ソレがコイツ↓↓↓
木製レール
上記写真はイメージ画像ですがwww
というのも、表題の通りの木製レールのオモチャなのですが、この木製レールのオモチャ。

コイツの購入に当たってもイロイロと調べた記憶がアリアリなので、備忘録の意味も兼ねて、筆をとりませうか。

同じく、木製レールのオモチャの購入を検討されている世の諸兄諸姉諸君の参考となればコレ幸い。



*****************
関連記事

 ・MIcki,BRIO社と互換性のある木製レールは??
  人気木製レールメーカーの互換性について比較!あのメーカーのレールも使えちゃう!

*****************


さて、木製レールのオモチャの有名処といえば、BRIO(ブリオ)とMicki(ミッキィ)、後はlearning curve(ラーニングカーブ)社でしょうか。
(とはいっても、ラーニングカーブ社は機関車トーマスのライセンス生産メーカーといった印象の為、好みもあろうかと思いますが。)

メーカーとしては、BRIO(ブリオ)とMicki(ミッキィ)はともにスウェーデンに本社を置く、歴史有る子供用オモチャメーカー。
ことBRIO(ブリオ)社に至っては、120年以上も歴史のあるスウェーデン王室御用達といった本格派。
対するMicki(ミッキィ)社も来年で創立70周年というこれまた老舗。

歴史からいうと、Micki(ミッキィ)はBRIO(ブリオ)の後発といった流れではありますが、今となってはどちらのメーカーもデザインはもとより品質的にも高い評価を得る、優良老舗メーカー。
更にはサスガ北欧と言いたくなる程の洗練されたデザインも垂涎モノwww
一般的に、木製レールといえば この2社を真っ先に連想(ググっても、恐らくこの2社が有力候補)されるかと思います。

一方のラーニングカーブ社は、アメリカに本社をおくメーカーで、歴史としては上記2社と比較すると20年と浅いですが、トーマス関連のラインナップは随一。
トーマス好きなお子様がいらっしゃる御家庭には良いかもしれません。

とはいっても、3社もあればどれを買ったらいいの?とお悩みになる方も多いかと思いますので、以下にオモチャ屋を回り吟味に吟味を重ねた 私奴の個人的な見解でも。



*****************



さて、では早速おススメ 木製レールのご紹介、、、と行きたいところですが、まず 前提条件としてひとつ。

というのも、各社メーカーのレールの互換性についてなのですが、これは嬉しい事に各社メーカーにおいて互換性があります。
つまり、Micki(ミッキィ)のレールと、BRIO(ブリオ)、ラーニングカーブのレールを連結させる事は可能ですし、逆もしかり。

それゆえ、どれか一社に絞ったら、他メーカーの製品が買えないとか、そういった危惧はありません。
(互換性があると言うのは、ホントに嬉しいところ。)

例えば、まずはのBRIO(ブリオ)の木製レールセットを買っておいて、後は好きな車両や拡張キットを好きに買い足せばいいと言うことになります。

もう、コレさえ分かってしまえば、メーカーはどれが良いなんて別に何てこと無いんですが、そんな中でもコダワリをもって選びたいのが世の諸兄諸姉諸君かと思います。



では、ココからが本題なのですが、何をもって選ぶか?
というと、やはり安全性でしょうか。
ご存知のとおり、ヨーロッパ玩具の品質基準というのは非常に高品質で、塗料に至るまで子供の安全性を考慮されております。

それゆえ、例えば、小さいお子様がいらっしゃる御家庭であったり、出産祝い等でのプレゼントとなると、BRIO(ブリオ)とMicki(ミッキィ)を選ぶのが良いかと考えます。

※ラーニングカーブの品質が悪いというワケでなく、口に入れたりというリスクを考慮すると、上記選択肢が、”プレゼントされる側も安心”かな。という意味です。

※プレゼントされる側というのは、プレゼントする側よりも知識量が少ないことが常なので、こういった分かりやすい品質基準というのが、ウケがよかったりするモノなのですwww

逆に、ある程度大きくなり、口に入れたりといった危険性が少ない、更にはトーマスが大好き!といった御家庭であれば、ラーニングカーブの製品は細かいトコロまで作りこまれた抜群の出来栄えですので、喜ばれること間違いなしかと思います。

更には、価格面を考慮すると、高い順に
ブリオ ≒ ラーニングカーブ > ミッキィ

あと、作製材料の割合でいうと、木材の比率が高いのが、
ミッキィ > ブリオ > ラーニングカーブ

細かいギミックの作り込みでいえば
ラーニングカーブ > ブリオ > ミッキィ

といった印象です。
(ミッキィの作製精度が甘いといった事ではなく、シンプルな出来栄えという意味です。はい。)

上記内容をTotalで考慮すると、入門編にはMicki(ミッキィ)社のレールセットが、シンプルな出来栄えで、且つ 木のぬくもりを感じられて高品質、更には3社比較しても価格がちょっと安い、と良いこと尽くめかと思います。

※但し、一点注意なのが、Micki(ミッキィ)の車両は他メーカーと比較して車高が低い為、場合によっては、トンネル等の通過が困難となる可能性もあります。(下に下駄をかますなり、適宜工夫すれば問題ありませんが、一応。。。)

※上記見解は、私奴が、オモチャ屋さんにて比較検討した結果ですので、個人的な感じ方の差異はあろうかと思いますが、当たらずとも遠からずかと。。。


かくいう私奴においても、我が愚息に与えた最初の木製レールセットはMicki(ミッキィ)社でした。

やはり木の質感はプラスチック製とは異なりますので、買い物としては良かったかなと思っております。
前述のとおり、後にレール等を購入し拡張する場合は、その時その時の好みで各社メーカーを選ぼうとも思っておりましたので。

(将来的には自動で動くプラレール等へ 興味がシフトする事も考えられますが、今の小さいうちだけでも、木製オモチャの温もりに触れてもらえたら、、、という一種のバカ発言です。はいwww)


IMG_1172.jpg
我が家のMicki(ミッキィ)レールセット。
レールを敷く作業が、大人でも妙に楽しいwwww



***************


あ、
上記に、木の温もり云々と書きましたが、それ以外にも購入するメリットがあるのを忘れていました。

この木製のレールのオモチャ。

散らかっててもサマになるんです!!!!

いや、ホントに。
我が愚息も片付けができない性分ですが、他のオモチャに関しては、散らかっていたら無残な状態ですが、コイツに関しては不思議と汚くないんです。

何でしょうかね。この現象は。
近々、学会で発表されて散らかっても汚く感じないのは、『○○現象』 とか言われかねない事象ですwwww

コレが、北欧メーカーのセンスなのか、木のオモチャ独特の存在感なのか、ただの感受性の欠落なのかは分かりませんがwww、安易なオモチャよりはこういった面でもメリットはあるかと思います。

更に、レールを組み合わせて線路を作るといった作業は、お子さんの創造力のトレーニングとしてもやはり秀逸なツールかと思います。
例えば、何かの御褒美であったり、誕生日、クリスマスプレゼントであったり。

何かのタイミングにてプレゼントしてみても、お子さんも喜ばれると思いますよ
※我が2歳の愚息も、この木製レールがお気に入りの様子で、『デンシャする!!』とガラガラとレールを広げては楽しそうにあそんでおります。

繰り返しますが、本記事が木製レールのオモチャ購入をご検討されている諸兄諸姉諸君の参考資料となればコレ幸い。


***************

MickiレールセットをAmazonで探す↓↓
MICKI/ミッキィ社 汽車セットスタンダード【正規輸入品】

Mickiレールセットを楽天で探す↓↓

【レビューを書いて選べるおまけ付】 汽車セット 8の字セット ミッキィ ミッキー MICKI 木製レール 木のおもちゃ つみき 知育玩具 積み木 出産祝い 木製 レール 汽車



***************

物欲解消備忘録にてツイッター始めました!




*****************
関連記事

 ・MIcki,BRIO社と互換性のある木製レールは??
  人気木製レールメーカーの互換性について比較!あのメーカーのレールも使えちゃう!

 ・おお、愛しの君はPENDLETON
  ネイティブインディアンも愛用する高品質ブランケット!新生児用の毛布にもピッタリ!
 
 ・ペンドルトンのバスタオルは八面六臂の大活躍!
  柄はペンドルトンでありながら柔らかな肌さわり!コットン100%を選ぶならコチラ!


カーズ特集【トイザらス】